モグワンでワンちゃんの肝臓の数値が悪くなるって本当?

モグワンドッグフード

 

グレインフリー(穀物不使用)で無添加、高タンパク質で栄養バランスも優れていることから人気のモグワンドッグフード。試食会では97.8%のワンちゃんが食べたほどの食いつきの良さが、食が細いワンちゃんや偏食気味のワンちゃんの飼い主さんの間で話題となっています。

 

 

当サイトでも項目別おすすめドッグフードランキングのトップ3に入ることが多いモグワンは、獣医学雑誌に掲載され、獣医師の84%が「食べさせたい」と回答するなど、プロの目から見ても評価が高いことで知られています。

 

 

しかし、モグワンの口コミでは「モグワンで肝臓の数値が悪化した」というものも見られ「モグワンで肝臓が悪くなる」という噂がネット上で広がっているようです。

 

 

ヒューマングレードの原材料を使用するなどのこだわりでつくられているモグワンですが、モグワンを食べることでワンちゃんの肝臓の数値が本当に悪化するのか、ここではモグワンと肝臓について徹底調査をしてまとめてみました。

モグワンでワンちゃんの肝臓の数値が悪くなる原因は?

モグワンドッグフードの粒

 

モグワンでワンちゃんの肝臓の数値が悪くなるのが本当であるならば、その原因はいったい何なのでしょうか?ここでは、肝臓に与える影響が大きいと考えられる「タンパク質」と「脂質」の割合を他のドッグフードと比較してみました。

 

ドッグフード名 タンパク質 脂質
モグワン 28.00% 12.00%
カナガン 33.00% 17.00%
オリジン 38.00% 18.00%
ファインペッツ極 36.00% 20.00%
アカナ 27.00% 15.00%
ネルソンズ 30.00% 15.00%
ナチュラルドッグフード 20.00% 12.00%
アーテミス 20.00% 15.00%
ヤラー 24.00% 6.50%
ニュートロナチュラルチョイス 25.00% 16.00%
ロイヤルカナン 19.00% 12.00%

 

一般的に、高タンパク質・高脂質な食品は肝臓や腎臓に負担が掛かることから「高タンパク質なドッグフードは肝臓に悪い」「脂質の高いドッグフードは脂肪肝や肝硬変になる」などと認識されているところがあります。しかし、他のドッグフードと比較しても分かるように、モグワンのタンパク質は28.00%・脂質は12.00%と高すぎないことが分かります。

 

 

高タンパク質・高脂質な食品は肝臓に負担が掛かるという認識は間違いではありませんが、その割合よりも、タンパク質・脂質の質が悪い方が肝臓への負担が大きいとの見方もあります。その点、モグワンは動物性タンパク質の割合が53%、残りは厳選されたヒューマングレードの野菜や果物がたっぷりと使用されるなど、タンパク質・脂質の割合、質ともに問題はないといえるでしょう。

 

 

ただ、ワンちゃんの体質もあるため、一般的にはタンパク質・脂質の割合が高すぎないとされるときも、その子にとっては高い場合もあります。ワンちゃんの健康を維持するためには定期健診を受けることが大切です。

モグワンでワンちゃんの肝臓の数値が悪くなった口コミの真相は?

悲しげに遠くを見つめる黒い犬

 

肝臓数値の高いシニア犬のドッグフード でオススメがあれば教えて下さい!

 

先日12歳のミニチュアダックスの女の子の健康診断を受けたところ、肝臓の数値が高いことが発覚しました。
避妊手

 

術後(5歳くらいから)は太りやすくなった為ロイヤルカナンのニュータードケアをずっと与えていました。
そしてここ最近2ヶ月前くらいからは、良質なフードを与えたくてモグワンに変更したのですが、肝数値が高いのはモグワンに切り替えたのがきっかけで悪くなったのか、それともその前から悪かったのかまでは分からないとのことでした。
年も12歳と老犬なのもあり、先生がフードはロイヤルカナンのエイジングケアに変更した方がいいかもとのことでしたが、(病気療養食にはまだしなくていいとの事でした)ロイヤルカナンの原材料が気になることや工場が韓国になる事からあまり進んで与えたくないなー…というのが本音です。

 

レントゲンも撮ったのですが、朝の10時くらいに与えたご飯がまだ胃の下の方に残っていて、小腸の壁が白く映っているのも気になると先生はおっしゃっていました。(ほねっこなどをよく摂取するとカルシウム沈着がおこり小腸が白く映ることがあるそうですが、うちではほとんどオヤツを与えないのでモグワンが原因なのか、、何が原因で白く映っているのかは不明とのことでした)

 

モグワンに変えてからうんちが細くて水分量が多い便をする事が増えました。与える時にふやかして野菜などをトッピングしているので水分量が多すぎるのでしょうか…。

 

手作り食も考えたのですが、うちのワンコは手作り食を与えるとうんちがゆるゆるになってしまうし、なにより肝臓がもっと悪くなるのは避けたいのでシニア向けでなおかつ肝臓に負担の少ない質の良いフードを与えたいのですが、色々調べていくうちに何がいいのか分からなくなってきてしまいました。

 

先生の言う通りのロイヤルカナンのエイジングケアがいいのでしょうか。。。

 

皆さんのオススメのフードを是非教えて下さい。

 

ちなみに病院からはグリチロン配合錠という薬と肝臓用ベジタブルサポートドクタープラスWheyというパウダーが処方されました。

 

 

引用:ヤフー知恵袋

 

2ヶ月前に、ロイヤルカナンのエイジングケアからモグワンに切り替えたとありますが、モグワンで肝臓の数値が悪化したのかは不明です。たまたま、肝臓の数値に問題が見つかったときと、モグワンに切り替えた時期が同じだった可能性もありますよね。モグワンに限らず、今までと違うことをしたときに不調が見つかれば、新しいことが原因かと疑ってしまうのは当然だと思います。

 

 

ただ、気になるのは、ロイヤルカナンのエイジングケアは穀物がメインで、ワンちゃんの健康を害する原材料が含まれていることです。肝臓は沈黙の臓器といわれ、機能が低下した場合でもすぐに症状があらわれることは少ないため、以前から肝臓の数値が悪くなっていたことも考えられます。投稿者のワンちゃんは12歳と高齢であることからもその可能性は高いと思われます。

 

 

モグワンが原因で肝臓が悪くなるのかをハッキリと確認するためには、ドッグフードを切り替えるときに、健康診断や血液検査を受けておくと良いでしょう。今までと違うことをするのであれば、ワンちゃんの今の状態をハッキリと把握しておくことで原因を解明することができます。

モグワンで肝臓の数値が悪化したときの対処方法は?

ナースキャップとメガネをかけた犬

 

モグワンに切り替えて肝臓の数値が悪くなったときの対処方法として、まずは切り替える前に食べていたドッグフードに戻してみましょう。1ヶ月ほど切り替える前のドッグフードを食べて、肝臓の数値が元に戻った場合は、モグワンが原因でワンちゃんの肝臓の数値が上がったと考えられるため、体質的に合わないのかもしれません。

 

 

反対に、切り替える前のドッグフードに戻しても肝臓の数値が元に戻らない場合には、肝機能に問題があると考えられます。たまたま、モグワンを切り替えた時期と肝臓の数値が悪いことが分かったといえるでしょう。その場合は速やかに動物病院で検査を受け、獣医師の指示を仰ぎましょう。

 

 

その際、モグワンに切り替えたことうや切り替える前に食べていたドッグフードも伝え、モグワンを止めて切り替える前のドッグフードの戻すのか、療法食に切り替えるのかは、ワンちゃんの状況と獣医師の判断となるでしょう。肝臓が悪くなる原因はさまざまなので、早めに診察を受けましょう。

モグワンは肝臓の数値が悪いワンちゃんに与えても大丈夫?

ペロッと舌を出す犬

 

モグワンは全犬種・全ライフステージ用のドッグフードですが、肝臓の数値が悪いワンちゃんの場合は素人判断はせずに、動物病院で診察を受けて獣医師に相談しましょう。また、モグワンのお客様相談室では、ワンちゃんの健康にまつわる専門知識を持ったスタッフが相談に乗ってくれるので。まずは連絡してみるのも良いと思います。

 

 

ワンちゃんの肝臓機能が低下する原因はさまざまなので、その原因によってはモグワンを食べても問題ない子、モグワンではなく療法食に切り替える必要がある子もいるので、素人判断はしないことです。

まとめ

モグワンの袋とモグワンが盛られた器と犬

 

ここでは、モグワンとワンちゃんの肝臓についてまとめてみました。他のドッグフードと比較して、モグワンは特別にタンパク質や脂質が高いドッグフードでないことは分かりましたが、口コミでもあったように、もともと肝臓が悪かったのか、モグワンが原因なのかが不明ということも少なくありません。

 

 

つまり、結果としては「モグワンで肝臓が悪くなる」とは一概にはいえないということです。ワンちゃんの体質によっても差があるため、モグワンに切り替える前に動物病院で健康状態をチェックする、特に6歳以上のワンちゃんは年に一度の定期健診を受けるようにしましょう。