モグワンの成分や原材料の安全性は実際のところどうなの?

モグワンドッグフード

 

当サイトでもおすすめドッグフードのトップ3にランクインすることが多い「モグワン」は、健康意識の高い飼い主さんを中心に人気が高まっています。ワンちゃんの消化に悪い穀物は一切使用されておらず、チキン&サーモンがメインで動物性のタンパク質もしっかり摂れる栄養バランスの良いドッグフードです。

 

 

原材料にもこだわりを持っていることで知られていたモグワンですが「中国産の材料を使用している」という噂があります。中国産の食材や管理には多くの不安を持っている飼い主さんも多いので「これが事実だったら安心してワンちゃんにモグワンを与えることはできない!」という声も多く聞かれます。

 

 

そこで、その噂は本当なのかを徹底調査した結果、当サイトでは「モグワンがワンちゃんの健康に害になることはない」と判断しました。その経緯について、詳しくまとめたので、是非参考にしてくださいね。

モグワンの成分の安全性を徹底調査!

比較項目 モグワン AAFCOの栄養基準(子犬)
粗タンパク質 28.00% 18.00%以上(22.00%以上)
脂質 12.00% 5.50%以上(8.50%以上)
粗繊維 3.00%
粗灰分 8.00%
水分 8.00%
オメガ6 1.63% 1.10%以上(1.30%以上)
オメガ3 1.29%
リン 1.27% 1.42%
マグネシウム 0.17% 0.06%以上(1.00〜1.60%)
ナトリウム 0.29% 0.08%以上(0.30%以上)
カルシウム 1.65% 0.50〜1.80%(1.20〜1.80%)
カリウム 1.05% 0.6%以上(0.30%以上)
カルシウムとリンの比率 1.3:1 1.3:1 1:1〜2:1
エネルギー(100gあたり) 約344kcal

 

 

AAFCOとは?

AAFCOは、米国飼料検査官協会(AssociationofAmericanFeedControlOfficial)の略称で、ペットフードの栄養基準やラベル表示に関する基準を制定しているアメリカの団体です。この基準は世界的なスタンダードで、日本のペットフード公正取引協議会もAASCOを採用しています。ただ、検査機関ではないので、表示は「AASCOの基準をクリア」というのが適切な表示となります。

 

モグワンは栄養価が高いので子犬にもおすすめ!

野原にお座りをしている2匹の子犬

 

モグワンは全犬種・全ライフステージ用のドッグフードです。表を見ると、栄養をしっかり摂る必要のある子犬の基準(AAFCOの基準は乾燥重量)もクリアしていることが分かります。ただ、ナトリウムの値が低いのが気になりますが、モグワンに含まれる水分(8.00%)を省くと、ナトリウムの値は0.31%となるので、基準をクリアしていることになるので安心してください。

 

モグワンはダイエットが必要なワンちゃんにもおすすめ!

丸々と太った犬

 

ドッグフード名 カロリー量/100g 脂質 タンパク質
モグワン 344kcal 12.50% 28.00%
カナガン 361.25kcal 17.00% 33.00%
オリジン 394kcal 18.00% 38.00%
アカナ 328.8kcal 15.00% 27.00%
ネルソンズ 362kcal 15.00% 30.00%
ファインペッツ極 422kcal 20.00% 36.00%

 

他のグレイン(穀物)フリーのドッグフードと比較しても分かるように、モグワンは高タンパク質・低カロリーなつくりとなっています。オリジン(38.00%)やファインペッツ極(36.00%)のようにタンパク質が高すぎると下痢をしてしまうワンちゃんも見られるので、モグワンはお腹が弱い子にも安心です。

 

 

モグワンは散歩や運動との併用で質の良い筋肉をつくることができる、栄養バランスの優れたダイエット向きのドッグフードだといえます。

 

モグワンを食べると尿路結石になりやすいの?

トイレシートの上に座る犬

 

リン・マグネシウム・カルシウムなどは、ワンちゃんには必要なミネラル分ですが、何らかの原因でこれらの成分が溶解せずに結晶化すると結石になってしまいます。モグワンは、尿路結石がない健康なワンちゃんが必要とする栄養基準をクリアしているドッグフードです。尿路結石があるワンちゃんは獣医師の指示を仰ぎ、再発しないような食事や生活習慣を心掛けることが大切です。

モグワンの原材料の安全性を徹底調査!

パソコンで調べ物をする黒い犬

 

モグワンの原材料

チキン&サーモン53%(チキン生肉20%、生サーモン11%、乾燥チキン11%、乾燥サーモン7%、チキングレイビー2%、サーモンオイル2%)、サツマイモ、エンドウ豆、レンズ豆、ひよこ豆、ビール酵母、アルファルファ、ミネラル類(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(U)五水和物、無水ヨウ素カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)、ココナッツオイル、バナナ、リンゴ、海藻、クランベリー、カボチャ、カモミール、マリーゴールド、セイヨウタンポポ、トマト、ショウガ、アスパラガス、パパイヤ、グルコサミン、メチルスルフォニルメタン(MSM)、コンドロイチン、乳酸菌

 

グレイン(穀物)フリーで消化が良い

肉食のワンちゃんにとって、とうもろこし・小麦・大豆などの穀物は消化が悪く、苦手とする食材です。体質にもよりますが、穀物はアレルギーを誘発したり、下痢などの原因になることも確認されています。近年では「穀物に含まれる糖質を消化できる」という論文も発表されていますが、研究結果は出ていないようです。

 

 

市販の安価なドッグフードはコストを下げるために穀物メインのものがほとんどです。現在、穀物が使用されているドッグフードを食べていても、ワンちゃんにアレルギーや下痢の症状が見られず、金銭的に余裕がない場合には、無理に穀物不使用のドッグフードに切り替える必要はないでしょう。

 

人工の着色料・酸化防止剤は不使用

モグワンはできる限り自然に近い食材だけを厳選してつくることにこだわりを持っているので、人工的な着色料・香料・酸化防止剤などは使用されていません。季節ごとに摂れる新鮮な食材が使用されているので、時期によっては粒の色に違いがあることもあります。

 

 

また、香りの強さを感じている飼い主さんも多いようですが、モグワンの香りは素材そのものの自然な香りです。市販の安価なドッグフードは粗悪な原材料に着色料・香料などを使用しているものが多いので注意が必要です。

 

聞き慣れない成分の正体は?

モグワンの原材料を見ると「亜セレン酸ナトリウム」など、聞き慣れない成分が入っています。「いったい何?」「体に害はないの?」と気になる飼い主さんもいらっしゃるでしょう。亜セレン酸ナトリウムとは、食材に含まれる栄養素「セレン」を供給するために配合されています。

 

 

微量必須ミネラルなのでAAFCOでは最少量の設定がされており、モグワンは必要最低限を安全に補給できるように配合されているので安心です。

モグワンの原材料は中国産なの?

中国の地図

 

「モグワンは中国産の食材を使用している」との噂は本当なのかの調査を行った結果、一部に中国産の食材が含まれていることが判明しました。正直なところ、中国産の食材に関しては大きな社会問題になったこともあり、避けたいところです。

 

 

ただ、当サイトではさまざまな項目でモグワンをおすすめしているので、見逃せない内容でもあるため、モグワンと中国産の食材について、詳しく調べてまとめてみました。

 

モグワンの原材料の生産国はどこ?

ヨーロッパの地図

 

レティシアン社からの回答によると、モグワンの原材料はイギリス本国および近隣諸国の高品質な食材を可能な限り使用するのが基本だそうです。ただ、時期によっては調達不可能なときもあり、そのときに一部の食材においてアジア諸国から輸入している中に、中国が含まれています。

 

●基本的にはイギリス本国および近隣諸国で調達可能な食材を使用
●時期によって一部中国産の食材が使用されることがある
●アジア諸国から輸入している食材に関しては品質面・供給能力面を考慮

 

中国では中国産の小麦(化学物質が流入)を使用したドッグフードが大量リコールされたことが大きな問題となったので、不安になられる飼い主さんも多いと思います。しかし、モグワンは穀物不使用なので、中国で問題となった小麦は一切使用されていません

 

 

また、アジア諸国から輸入している食材に関しては、品質面・供給能力面を考慮し、製造工場にて残留農薬や化学物質のチェックが行われています。モグワン製造後にも、さらに品質テストが行われているという徹底ぶりです。

 

モグワンに使われている中国産の原材料は安全なの?

モグワンの製造工場

 

モグワンは、FEDIAF(欧州ペットフード工業会連合)の基準をクリアした、イギリスのペットフード専門工場で製造されています。FEDIAF(欧州ペットフード工業会連合)は栄養ガイドラインだけでなく、品質・安全性の製造基準を定め「安全で栄養価が高く、美味しい製品を提供するのに望ましい状況とするために、当局・規制機関・学業界が協力して、ヨーロッパのペットフード業界が信頼できる情報を提供すること」を目的としています。

 

 

日本では一般財団法人ペットフード協会(旧ペットフード工業会)が基準を定めていますが、独自の認定制度や規制もないため、まだまだ遅れているのが現状です。国産のドッグフードの質が良くないとされる背景には、このような事情があるんですね。FEDIAF(欧州ペットフード工業会連合)は日本と違い、厳しい独自の認定制度を設けているので、品質基準が非常に高くなっています。

 

 

モグワンは、この厳しい基準をクリアした工場で品質チェックが2回行われています。1度目は材料が工場に入ってきたときに残留農薬や化学物質のチェック、2度目は製品が完成した後に品質チェックが行われ、異常がないかが判断されます。品質に問題がないと確認されたものには1袋ずつシリアル番号が付けられます。

 

 

モグワンは時期によって一部中国産の食材が使用されることが分かりましたが、製造前・製造後に品質チェックが行われる徹底ぶりなので、ワンちゃんの健康を害する成分が含まれているということは極めて少ないと考えられます。

 

メーカーと中国産の原材料について調べてみました!

ブロッコリー・人参・さつまいもなどの野菜

 

モグワンは時期によって、一部の食材に中国産の食材が使用されることが分かりましたが、他のメーカーではどうなのでしょうか? 当サイトでもおすすめドッグフードのトップ3にランクインすることが多い「ファインペッツ極」は中国産の食材は使用していないことが公表されています。

 

 

しかし、ドッグフードメーカーの中には「原材料の産地については回答できない」とするところも多く見られます。原材料の産地が非公開であると、健康意識の高い飼い主さんは不信感を抱きかねませんよね。その点「中国産の食材は不使用」と断言しているファインペッツ極は、信頼性も安全面でも理想的ではあります。

 

 

ただ、メーカーの規模が大きいほど、安定供給のためにさまざまな国から食材を輸入することが多くなるため、必然的に中国産の食材が含まれる可能性が高くなります。モグワンのように、品質チェックが徹底して行われているメーカーに関しては安全性は高いといえますが、管理が行き届いていないメーカーの場合は「中国産の小麦によるメラミン事件」のこともあるし、不安ではあります。

 

 

「産地の回答はできない」などというメーカーよりも、「中国産は使用することがあっても、品質チェックを徹底しているので問題はない」と回答してくれるモグワンのようなメーカーは信頼できますよね。

まとめ

モグワンを食べる犬

 

●全年齢のワンちゃんの必要栄養基準をクリア
●健康なワンちゃんはモグワンで尿路結石のリスクはない
●時期のよっては一部の食材に中国産の食材が使用される
●製造前・製造後の2度、徹底した品質チェックを実施

 

多くの飼い主さんが「中国産」と聞くと不安になられると思います。実際に私も「モグワンは中国産の食材を使用している」と知って驚きましたが、調査を進めていくとその背景にある徹底した品質管理があることが分かり、ただ中国産というだけで「危険」と判断することはないことが分かりました。

 

 

「産地に関しては回答できない」というメーカーもある中、時期によっては中国産の食材を使用することがあること、徹底した品質チェックをしていることなど、包み隠さずに回答されるモグワンは、それだけ品質管理に自信があるということでしょう。これを機に、現在ワンちゃんに与えているドッグフードの原材料の産地や品質管理についてチェックしてみてくださいね。