老犬がご飯を食べない原因で考えられることは?

元気がない老犬

 

ワンちゃんも人間と同じように年齢を重ねてシニアになると運動量や筋肉量が低下し、食も細くなってきます。しかし、食べる量が減るのは年齢のせいだけではありません。何らかの病気が潜んでいる場合には、食欲不振になることが多いので、ワンちゃんの様子を注意深く観察することが大切です。

 

 

「年をとった」だけでは済まされない様々な病気の主な症状について把握し、これらの症状が見られたときには動物病院を受診しましょう。

 

食欲不振を伴う老犬がかかりやすい病気 食欲不振以外の症状
虫歯 口臭・歯の変色・食べるのが遅い
歯周病 歯茎の赤み・歯茎からの出血・歯が長く見える(歯茎が下がる為)・口臭(腐敗臭)・嘔吐・食べるのが遅い
咽頭炎 咳・首のリンパの腫れ・鳴き声が変わる・よだれの量が増える・えづき・呼吸困難
気管支炎 咳・えづき・元気がない・散歩を嫌がる・呼吸困難
肺炎 咳・吐き気・元気がない・発熱・散歩を嫌がる・呼吸困難
認知症 トイレの失敗・無駄吠え・遊びなどに興味が薄れる・名前を呼んでも反応しない
膀胱結石 尿の臭いがきつい・尿の色が濃い・血尿・発熱・飲む水の量が増える・元気がない・ぐったりする
慢性腎不全 尿の回数が増える・飲む水の量が増える・貧血・体重減少
肝硬変 体重減少・黄疸(白目などが黄色になる)・お腹が膨れる(腹水)
乳がん 体重減少・乳首の腫れ・手足の付け根の腫れ・胸やお腹を触られるのを嫌がる
悪性リンパ腫(消化器系) 嘔吐・下痢

 

上記に挙げた病気は一部であって、それ以外の病気でも食欲不振になることは十分に考えられます。年齢を重ねたワンちゃんは、病気のリスクが高くなるので、気になる症状が見られる場合には一度動物病院で受診することをおすすめします。

老犬がご飯を食べないときの対処方法 @絶食(1〜2日)

空のお皿が3つ

 

ワンちゃんは年齢を重ねると寝る時間が増え、運動量や筋肉量が減って代謝も低下するため、お腹が減りにくくなってきます。@で挙げた病気の症状も注意深く観察し、様子を見ながら1〜2日ほど絶食をしてみましょう。単純にお腹が減っていなかった場合には、絶食することで次に与えるご飯はしっかり食べてくれます。

 

 

ただ、体力のある若い成犬であれば水だけ与えて2日ほどの絶食は問題ありませんが、体力が落ちている老犬の場合はやりすぎは禁物です。

老犬がご飯を食べないときの対処方法 A軟らかくして与える

軟らかいドッグフード

 

ワンちゃんも年齢を重ねると噛む力が衰えてくるため、ドライフードを今までのように食べることができなる子も見られます。バリバリと元気よく食べることがつらくなるのが原因でドッグフードを食べなくなったり、丸飲みすると消化に時間がかかって体力が奪われてしまうことを嫌がる子も少なくありません。

 

 

その場合は、ウェットフードの割合を増やしたり、ささみなどを茹でた出汁(味付けなし)でフードを軟らかくすると食欲が戻ることがあります。また、手づくりで食材を軟らかく煮込んであげるのも良いでしょう。老犬になると、喉の渇きにも鈍感になります。飲む水の量が減ると尿結石などのリスクが高くなるので、フードをふやかして水分量を増やすことは病気の予防にも繋がります。

老犬がご飯を食べないときの対処方法 B1回の量を減らして回数を増やす

人の手からフードを食べる老犬

 

ワンちゃんも年齢を重ねるごとに食べる量が減ってきます。若い頃のように1日2回で十分な量を与えても食べきれないことも珍しくありません。老犬になると消化機能が低下し、一度に量を多く食べると消化不良を起こしてしまい、それがつらい体験となって食べることに不安を持つ子も見られます。

 

 

そのようなときには、1回の量を減らして回数を増やしてあげましょう。成犬のときには1日に2回与えている飼い主さんが多いと思いますが、老犬の場合は1日分の量は同じか、もしくは少し少なめに、3〜4回に分けて与えてみましょう

老犬がご飯を食べないときの対処方法 Cドッグフードを変える

さまざまな種類のドッグフード

 

ワンちゃんも加齢に伴い、味覚や臭覚に衰えが見えてきます。今まで食べていたドッグフードであったとしても、突然味気なく感じてしまい、食べなくなることも珍しくありません。食感・香り・味などに変化をつけると、ワンちゃんの食欲が回復するケースも見られるので、ドッグフードを変えてみるのも一つの選択肢です。

 

 

ただ、頻繁にドッグフードを変えるのは「食べなければ違うご飯が貰える」と、ワンちゃんのわがままに繋がることもあるので、様子を見ながら変えていきましょう。

 

消化の良いドッグフードに変える

鶏肉

 

ワンちゃんはもともと肉食なので、とうもろこし・小麦・米などの穀物が苦手です。ドッグフードに使用されている食材でいうと「卵>鶏肉>牛肉>小麦>とうもろこし」の順で消化しにくいとされています。

 

 

ワンちゃんは消化するのに体力を奪われたり、消化不良で体調がすぐれないなどの経験をすると、自らフードを食べなくなってしまいます。現在与えているドッグフードに消化の悪い穀物が使用されている場合には、肉の割合の多い穀物不使用のドッグフードに変えてみましょう。

 

高カロリーのドッグフードに変える

ドッグフードを食べる老犬

 

成犬の頃よりも1回に食べるドッグフードの量が減っている場合は、高カロリーなドッグフードに変えることで体重を維持することができます。食べる量が減った場合には体重が減少するため、体力や免疫力も低下してしまいます。

 

 

ただ、高カロリーなドッグフードに変えたせいで太ってしまうことも考えられるので、今与えているドッグフードのカロリーと比べて、極端に高くなりすぎないよう、少し高めのものに変えてみましょう。

老犬がご飯を食べないときの対処方法 Dトッピングでプラスする

ドッグフードと野菜&肉が盛られた器

 

今まで手作り食を食べていたワンちゃんであれば、食欲低下に伴い、より消化の良い食材や調理法にすることで解決はできるでしょう。しかし、ドライタイプのドッグフードを食べていたワンちゃんの場合は消化が良いからといって、完全手づくりの煮込み食材に変えても食べてくれるケースは稀で、なかなか食べてくれません。

 

 

ワンちゃんの食欲を回復するためには、ドライフードにいつもと違う食感や香りがする食材をトッピングでプラスしてあげましょう。

 

トッピング食材 調理方法
茹でる・焼く
茹でる・焼く・生(刺身用)
野菜 細かく切る・茹でる・焼く・蒸す・すり下ろす
乳製品 無糖ヨーグルトをかける

 

茹でる・焼く場合には、味付けは不要です。肉や魚の場合は菌がいることも考えられるので、お腹が弱い子は加熱した方が良いでしょう。それぞれの調理方法で食感が変わるため、食感を楽しみたい・軟らかいのが好きなど、その子の好きな調理方法を見つけてあげましょう。

 

 

ドライタイプのドッグフードにトッピングする場合は、よく混ぜて与えると食べてくれますよ。最初は食べてくれない子もいるかもしれませんが、ワンちゃんは甘味には敏感に反応するので、かぼちゃやサツマイモなど嗜好性の高い野菜を使用すると良いでしょう。

老犬がご飯を食べないときの対処方法 Eお皿を位置を高くする

テーブルの上に乗せたお皿を舐める老犬

 

ワンちゃんのお皿を地べたに置いて食べさせている飼い主さんは多いと思いますが、顔を下げて食べる体勢がきつくなっていることも考えられます。特に体が大きいワンちゃんは、頭をぐっと下げて屈まなければならないので、体に負担が掛かっていることも十分に考えられます。

 

 

小型犬の15歳・大型犬の10歳は、人間でいう70歳代です。全ての子がそうとは一概にいえませんが、体のあちこちに支障が出てもおかしくありません。少しでも楽な体勢でご飯が食べられるように、高い位置にお皿を置くなどの工夫をしてあげましょう。

寝てばかり・寝たきりの老犬がご飯を食べないときの対処方法

ぐっすり寝ている老犬

 

ワンちゃんも年齢を重ねるとともに運動量や筋肉量が減り、内臓機能も低下していくので食が細くなってきます。また、老犬になると成犬のときと違って、1日の睡眠時間が増えてきます。その子にもよりますが、老犬の平均睡眠時間は18時間を超えるといわれています。つまり、寝ている時間が増え、運動量も減ることで代謝も落ちてしまうので食が細くなっていくということです。

 

 

その場合、急激な体重の減少がなければ老化現象の一つだといえるので、様子を伺うだけで良いでしょう。しかし、便秘・嘔吐・下痢・元気がない・尿の増減など、食が細い以外の症状が見られる場合には、病気の可能性もあるため早めに動物病院を受診することをおすすめします。

老犬がご飯を食べない・水も飲まないときの余命はどれくらい?

布団の上でぐったりしている老犬

 

ワンちゃんの体力には差があるため、一概にはいえませんが、老犬がご飯を食べない・水も飲まないなど、何も受け付けなくなくなってからの余命は2〜3日と覚悟をした方が良いかもしれません。ただ、獣医師から余命宣告をされたワンちゃんであったとしても、それ以上に頑張る生命力の強い子もたくさん居ます。

 

 

ワンちゃんにも寿命があるので、飼い主さんはワンちゃんの状況をしっかりと把握し、今できることを考え、病気であれば最期まで看病を、老衰であればそばに居てあげるだけでも十分です。