ワンちゃんの年齢を人で換算!

元気に走る犬

 

ワンちゃんの年齢は人に換算するといくつになるのか一覧にしました。ワンちゃんの場合、小型犬・中型犬・大型犬でも年齢は異なります。

 

生後 小型犬(9kg未満) 中型犬(9〜23kg) 大型犬(23〜53kg)
1ヶ月 1歳 1歳
2ヶ月 3歳 3歳 1歳
3ヶ月 5歳 5歳 2歳
6ヶ月 9歳 9歳 6歳
9ヶ月 13歳 12歳 8歳
1年 17歳 16歳 12歳
1年6ヶ月 20歳 19歳 16歳
2年 24歳 23歳 19歳
3年 28歳 28歳 26歳
4年 32歳 33歳 33歳
5年 36歳 38歳 40歳
6年 40歳 43歳 47歳
7年 44歳 48歳 54歳
8年 48歳 53歳 61歳
9年 52歳 58歳 68歳
10年 56歳 63歳 75歳
11年 60歳 68歳 82歳
12年 64歳 73歳 89歳
13年 68歳 78歳 96歳
14年 72歳 83歳 103歳
15年 76歳 88歳 110歳
16年 80歳 93歳 117歳
17年 84歳 98歳
18年 88歳 103歳
19年 92歳 108歳
20年 96歳 113歳

 

小型犬は8歳・中型犬は7歳・大型犬は6歳頃から、メタボなどの生活習慣病が気になる年代、人でいうと中年になります。さらに、小型犬は11歳・中型犬は10歳・大型犬は8歳頃からシニア世代となり、さまざまな老化現象が見られるようになります。

 

【犬種別】ワンちゃんと人の年齢の計算式

チェックマーク小型犬 生後2年(24歳)からは1年で+4歳で計算する

 

チェックマーク中型犬 生後2年(24歳)からは1年で+5歳で計算する

 

チェックマーク大型犬 生後2年(19歳)からは1年で+7歳で計算する

 

2歳までの計算式

チェックマーク小型犬 1年で12.5歳

 

チェックマーク中型犬 1年で10.5歳

 

チェックマーク大型犬 1年で9.0歳

 

犬種 3歳以降の計算式(1年)
ミニチュアダックスフンド 4.32歳
チワワ 4.87歳
ビーグル 5.2歳
コッカ―スパニエル 5.46歳
ゴールデンレトリバー 5.74歳
パグ 5.95歳
フレンチブルドッグ 7.65歳
ブルドッグ 13.42歳

 

【例】5歳のチワワの場合
 2年×12.5歳+3年×4.87=39.61歳

 

この計算式は海外で発表されたものなので、日本で人気の柴犬やトイプードルなどは入っていません。驚いたのは、フレンチブルドッグやブルドックの老化の早さです。特にブルドックは平均寿命も短いのですが、その理由は純血種特有の遺伝疾患や出産のリスクだといわれています。

【体重別】ワンちゃんの平均寿命一覧

犬種の違う7匹のワンちゃん

 

ペット保険のアニコム損保が、2013年4月〜2014年3月に契約したワンちゃん435,987匹を対象に調査した平均寿命の結果です。

 

体重 平均寿命
5kg以下 13.8歳
5〜10kg 14.2歳
10〜20kg 13.6歳
20〜40kg 12.5歳
40kg以上以上 10.6歳

 

一般的に、小型犬よりも中型犬、中型犬よりも大型犬と、体が大きくなるにつれて短命だといわれていますが、上記の調査結果を見ると、5kg以下の超小型犬は、5〜10kgの小型犬よりも短命であることが分かりました。

ワンちゃんの加齢に伴う老化のサイン

カゴの縁に顎を乗せて眠る犬

 

ワンちゃんも人と同じように、年齢重ねるとさまざまな老化現象があらわれてきます。

 

●飲む水の量が変わる(喉の渇きに鈍感になる)
●トイレの失敗が増える
●寝ている時間が長くなる
●散歩に行きたがらない
●毛が薄くなる(白髪が増える)
●夜鳴きをする
●段差を嫌がる
●口内・目・皮膚などの疾患

 

上記は、主に見られるワンちゃんの老化のサインですが、家族のことを認識できなくなる・徘徊する・歩いているときに物にぶつかるなど、認知症のような症状が見られるワンちゃんもいます。また、感覚が鈍くなってしまうため、撫でたりしても反応しなくなることもあるので、しっかりとワンちゃんの様子をチェックしてあげましょう。

ワンちゃんの年齢Q&A

伏せをして物言いたげな犬

 

Q:ワンちゃんの長生きギネス記録は何歳?

A:2013年、マックスという雑種犬が29年282日で記録を更新しています。

 

 

日本ではブースケという雑種犬が26年248日の長寿記録を持っています。また、短命といわれている大型犬ラブラドールのベラという子は29年193日の記録を持っています。

 

Q:ワンちゃんの妊娠は何歳まで可能なの?

A:極論をいうと、生きている間は妊娠・出産が可能です。

 

 

ただ、ワンちゃんも年齢が上がるにつれて赤ちゃんの奇形や母犬の体へのリスクが高くなってしまいます。初産の場合は、4歳までに妊娠・出産が可能だと考えておきましょう。良心的なブリーダーであれば、5歳頃で繁殖を引退させるといわれています。

 

Q:ワンちゃんの避妊手術は何歳に行えばいいの?

A:犬種にもよりますが、一般的には1歳までに行うと良いとされています。

 

 

雌の場合は、最初の発情が来る前に避妊手術を行った方が良いという考えもがあるようです。手術の時期にはメリット・デメリットがあるので、ワンちゃんの体調を見ながら獣医師と相談をして決めると良いでしょう。

 

Q:雄の交配は何歳まで可能なの?

A:基本的には雌と同じで生きている間は交配が可能です。

 

 

ただし、年齢が高くなるにつれて赤ちゃんの奇形などのリスクが増えるので、5歳くらいまでに行うのが一般的です。良心的なブリーダーであれば、5歳頃で交配を引退させるといわれています。

 

Q:雄の去勢手術は何歳に行えばいいの?

A:犬種によっても異なりますが、一般的には生後6ヶ月〜1年の間に行います。

 

 

去勢手術は早すぎても遅すぎても体に負担が掛かり、リスクが高まります。ワンちゃんの体調を見ながら獣医師と相談をして決めると良いでしょう。

【3選】健康で長生きするドッグフード選びのポイント

ドッグフードの前でお座りをして舌を出す犬

 

ワンちゃんには「元気で長生きして欲しい」と、飼い主さんなら誰しもが願うことです。そのためには、まず毎日の食事を見直すことが大切です。毎日の食事でワンちゃんの体はつくられていくので、質の良いドッグフード選びを心掛けましょう。ここでは3つのポイントを確認しましょう。

 

@消化の悪い原材料が含まれていないドッグフードを選ぶ

たくさんのニワトリ

 

肉食のワンちゃんにとって、とうもろこし・小麦・米などの穀物は消化が悪く、苦手とする食材です。また、「〇〇ミール」「〇〇肉副産物」と表記されているドッグフードは、肉以外の羽・骨・トサカ・足などを粉砕した粗悪な材料なので、ワンちゃんの健康を阻害する可能性があります。

 

 

消化の悪い穀物や質の悪い材料でつくられたドッグフードを食べている子は、老化が早いといわれています。ワンちゃんには、穀物不使用で、肉の割合が多い高タンパク質で質の良いドッグフードを選んであげましょう

 

A添加物が含まれていないドッグフードを選ぶ

ドッグフードに戸惑う3匹の子犬

 

安価なドッグフードには、添加物が多く含まれています。コストを下げるために、穀物をメインにつくられたドッグフードの質は想像以上にワンちゃんの健康を阻害する可能性があるので注意が必要です。

 

 

発ガン性物質が生じる「「亜硝酸ナトリウム」、胎児異常・代謝ストレス・血清コレステロール増加・肝臓障害の4つを引き起こす原因となる「BHT」、肝臓障害を引き起こす原因となる「没食子酸プロピル」など、オーストラリアやヨーロッパでは禁止されている添加物が含まれているドッグフードが市販されていると思うとぞっとしますよね。ワンちゃんには、見た目や味付けは必要ありません。ドッグフードを選ぶときには添加物が少ないもの、理想はゼロのものを選んであげましょう。

 

B「総合栄養食」を選ぶ

生の鶏肉

 

総合栄養食とは、ワンちゃんが1日に必要な栄養素が補えるドッグフードのことを指します。ドッグフードであっても、総合栄養食と表記されていない場合は「おやつ」に当たるため、栄養が不足してしまいます。ただ、総合栄養食との表記はあっても@Aのように、粗悪な原材料や添加物が多く使用されているものは、ワンちゃんの健康を阻害してしまう可能性があります。

 

 

中にはそのようなドッグフードを食べていても元気に長生きするワンちゃんも存在し、質の良いドッグフードを食べていても病気になるワンちゃんもいるため、一概にはいえませんが、健康で長生きしてもらうためには質の良い総合栄養食であるドッグフードを選んであげましょう

ワンちゃんに長生きしてもらいたいなら「おやつ」はNG!

鼻の上におやつを乗せている犬

 

肉食のワンちゃんに、そもそも「おやつ」は必要ありません。つまり、ワンちゃんに与えてるおやつは無駄なカロリーを摂取させているということです。おやつでお腹がいっぱいになると、総合栄養食であるドッグフードを食べなくなるので、ますます栄養が偏ってしまいます。

 

 

しつけのためご褒美でおやつを与えている飼い主さんもいらっしゃると思いますが、そのときも質の良いドッグフードを与えた方が断然ワンちゃんにとっては健康的です。しつけやご褒美で与えるドッグフードの量を差し引いて、食事を与えるようにしましょう。