無添加のドッグフード選びで注意することは?

野原で嬉しそうにお座りをしている犬

 

最近では、ワンちゃんの健康に対して意識の高い飼い主さんが増えてきました。それに伴い、さまざまなドッグフードが各メーカーから販売され選択肢が広がって嬉しい反面、何を選んだら良いのか分からないという飼い主さんも多いようです。

 

 

ワンちゃんの健康を司るドッグフード選びは至難の業かもしれません。考えれば考えるほど、何がワンちゃんに適しているのか分からなくなってしまいますよね。しかし、ポイントを押さえておけば、ワンちゃんの目的に合ったドッグフードがきっと見つかるでしょう。ここでは、無添加のドッグフードの選び方やおすすめランキングをご紹介します。

無添加のドッグフード選びのポイントは3つ!

ドッグフードに埋もれて目を閉じている犬

 

@グレイン(穀物)フリーのドッグフードを選ぶ

ワンちゃんにとって、ともろこし・小麦・米などの穀物は消化不良の原因になります。ワンちゃんは肉食なので、穀物の割合が多いドッグフードを継続して食べていると慢性的な栄養不足にもなりかねません。また、穀物はアレルギーを起こしやすい食材でもあるため、ワンちゃんには100%グレイン(穀物)フリーのドッグフードを選んであげましょう。

 

A動物性タンパク質の割合が多いドッグフードを選ぶ

ワンちゃんは肉材料の割合が多ければ多いほど消化・吸収しやすくなります。ワンちゃんが消化・吸収できる割合は、卵100%・鶏肉94%・牛肉83%・小麦60%・とうもろこし54%といわれています。良質なドッグフードは肉材料の比率が記載されているので、肉材料が50%以上使用されている動物性タンパク質の高いドッグフードを選びましょう。

 

B粗悪な原材料が含まれていないドッグフードを選ぶ

「○○ミート」「○○肉副産物」「ビートパルプ」「セルロース」など、ワンちゃんにとって消化・吸収が悪い粗悪な原材料が使用されているドッグフードは避け、高品質なものを選んであげましょう。

 

おすすめの無添加ドッグフードを比較してみました!

ドッグフード名 グレイン(穀物)フリー 動物性タンパク質 粗悪な原材料
モグワン チキン&サーモン53% なし
カナガン チキン55.7% なし
ナチュロル 牛&鶏&馬&魚55% なし
ファインペッツ極 アヒル&ニシン90% なし
オリジン チキン他80% なし
ネルソンズ チキン46% なし
アカナ ラム他50% なし
ナチュラルドッグフード ラム55% 3種類有
アーテミス チキン(非公開) 2種類有
ヤラー チキン23% 1種類有
ロイヤルカナン × チキン(非公開) 5種類有
ニュートロナチュラルチョイス × チキン(非公開) 4種類有

【3選】おすすめの無添加ドッグフードランキング

モグワン

モグワンドッグフード

 

原材料

チキン&サーモン56%(生サーモン12%・乾燥チキン12%・
乾燥サーモン7%・チキングレイビー2%・サーモンオイル2%)
サツマイモ・エンドウ豆・レンズ豆・ひよこ豆

内容量 1.8kg
原産国 イギリス
通常価格(税抜) 3,960円
定期購入(税抜) 1袋10%オフ 3,564円
送料 通常640円 3袋以上(10,000円以上)無料

 

モグワンはチキン&サーモンが53%、メイン以外の40%は野菜・果物と栄養バランスが良い100%グレイン(穀物)フリーのプレミアムドッグフードです。無添加ドッグフードの中でも、原材料の配合が優れているのが特徴です。肉の割合は第2位のカナガンに劣りますが、タンパク質・脂質の割合が高すぎないのでお腹が弱い子にも安心です。

 

カナガン

カナガンドッグフード

 

原材料

チキン・サツマイモ・海藻・マリーゴールド・
クランベリー・カモミール

内容量 2kg
原産国 イギリス
通常価格(税抜) 3,960円
定期購入(税抜)

1回の合計7,000円未満10%オフ
1回の合計7,000円〜20,000円未満15%オフ
1回の合計20,000円以上20%オフ

送料 通常640円 10,000円以上無料

 

カナガンは、ワンちゃんに必要なものだけにこだわってつくられたグレインフリー(穀物不使用)のプレミアムドッグフードです。チキンの割合は55.7%と高タンパク質で、本来ワンちゃんが摂取する習慣のない粗悪な原材料も一切含まれていないので、ワンちゃんの健康が気になる飼い主さんにはおすすめの無添加ドッグフードです。

 

ナチュロル

ナチュロルドッグフード

 

原材料

新鮮牛生肉・新鮮鶏生肉・新鮮馬生肉・新鮮魚生肉・
タピオカ・魚粉・紫さつまいも・チーズ・ココナッツ

内容量 850g×2袋(1.7kg)
原産国 日本
通常価格(税抜) 6,000円
定期購入(税抜)

初回30g(食いつきお試し)100円
2回目以降17%オフ 4,980円

送料 無料
保証 30日間返金保証

 

ナチュロルは、33の無添加を宣言している100%グレイン(穀物)フリーのドッグフードです。成分的には1位のモグワンや2位のカナガンには劣りますが、世界初の「安定・持続型ビタミンC」を高配合、生肉は55%以上使用、厳選良質な原材料などのこだわりでつくられています。国産でありながら高品質のナチュロルは「海外産は不安」という飼い主さんにおすすめです。

国産の無添加ドッグフードって、実際のところどうなの?

日本の国旗

 

食品を選ぶ際に「国産」であることを重視している人は非常に多いと思います。それは「食の安全」を求めているからこそですが、ドッグフードに関しては、特に国産にこだわる必要はありません。日本は海外と比較すると、まだまだペットに対しての関心が低いのが現状です。

 

 

国内にも無添加ドッグフードなど、こだわりを持って製造しているメーカーも見られますが、穀物をメインとした安価なドッグフードが市場に溢れています。ペットフードに関しては日本よりも海外の方が安全性の基準が高く、ペット先進国であるイギリスとは雲泥の差だといえます。

 

 

一見「国産のドッグフードは安心」と思いがちですが、ワンちゃんにとって穀物は消化不良の原因となる苦手な食材です。ドッグフードを選ぶときには、原産国ではなく、原材料を重視してい選ぶことをおすすめします。

国産の鹿肉(ベニソン)を使用した無添加ドッグフードの評判を調べてみました!

草原に佇む鹿

 

ネットで話題になっている、国産の鹿肉(ベニソン)を使用したドッグフードについて調べてみました。鹿肉は高タンパク質・低カロリーでそのカロリーは牛肉の半分以下、鶏のささみに匹敵することで注目されています。ここでは「ZENプレミアム」を見てみましょう。

 

ZENプレミアムドッグフード

 

原材料

日本鹿生肉・あずき・乾燥さつまいも・
乾燥じゃがいも・りんご・ブルーベリー

内容量 700g
原産国 日本
通常価格(税抜) 2,680円

 

ZENは原材料の90%以上が日本産の食材(中国産原料は不使用)で、国内の工場で製造されているグレイン(穀物)フリーのドッグフードです。消化・吸収に優れ、タンパク質・脂肪・繊維・ビタミン・ミネラルがバランス良く含まれているので、ワンちゃんにとっての総合栄養食だといえるでしょう。

 

国産のドッグフードは穀物をメインとしたものが多く見られます。ZENに関しては鹿肉がメインでグレイン(穀物)フリーではありますが、中には鹿肉を使用していながら、低タンパク質・高カロリーなドッグフードも多く見られます。穀物が多く含まれていると、高カロリーになることが考えられるので、鹿肉が使用してあるからといって安心というわけではありません。穀物に含まれる糖質は脂肪になりやすいので、ワンちゃんが肥満になる原因となっていまいます。

ワンちゃんにとって無添加ドッグフードは本当に安心といえるのか?

じゃれ合う仲良しの2匹の犬

 

結論からいうと、無添加=安心というわけではありません。「無添加のドッグフード選びのポイントは3つ!」で記述したように、ワンちゃんは、とうもろこし・小麦・米などの穀物が苦手で消化不良の原因になってしまいます。

 

 

ワンちゃんの健康を維持するためには、無添加であることも大切ですが、肉の割合が多い高タンパク質で消化・吸収が良いドッグフードを選ぶことが大きなポイントです。ドッグフードを選ぶときには、無添加だけにこだわらず、原材料・肉の割合・質の良さも重視するようにしましょう。