魚ベースのドッグフード選びで注意することは?

鮭

 

魚というと「猫」とイメージされる人が多いと思いますが、意外にもワンちゃんは魚が大好きです。魚には良質なタンパク質・カルシウム・オメガ3脂肪酸など、豊富な栄養素が含まれているので、魚ベースのドッグフードを食べさせたいという飼い主さんも多いと思います。

 

 

最近では嗜好性が高いことから魚ベースのドッグフードが増えてきたものの、肉材料メインと比べてまだまだ少ないのが現状です。しかし、魚ベースのドッグフードを選ぶときのポイントさえしっかり押さえておけば、きっと目的に合ったドッグフードが見つかるでしょう。ここでは、魚メインのドッグフードの選び方やおすすめランキングをご紹介します。

 

魚ベースのドッグフード選びのポイントは3つ!

テーブルの上の魚を狙っている犬

 

@グレイン(穀物)フリーのドッグフードを選ぶ

魚ベースのドッグフードの多くは「アレルギー対応」として販売されています。しかし、ワンちゃんにとって消化が悪いとうもろこし・小麦・米などの穀物が大量に使用されているドッグフードが多いので注意が必要です。特に食物アレルギーを持っているワンちゃんは、穀物でアレルギーを起こしやすいので、穀物不使用のドッグフードを選んであげましょう。

 

A人工添加物不使用のドッグフードを選ぶ

添加物の中には、ワンちゃんの消化・吸収を妨げるだけでなく、発ガン性のあるものも存在します。また、人工添加物自体がアレルギー性皮膚炎などを誘発することも判明しているので、特にアレルギーを持っているワンちゃんのは、無添加のものを選ぶと安心です。

 

Bメインの原材料が魚だけのドッグフードを選ぶ

市販されている安価なドッグフードには粗悪な原材料が使用されているものが多く見られます。魚がメインであっても、とうもろこし・小麦・米などの穀物が多く含まれているものも少なくありません。魚メインのドッグフードを選ぶときには原材料をチェックし、メインが魚だけのものを選びましょう。

 

おすすめの魚ベースのドッグフードを比較してみました!

ドッグフード名 グレイン(穀物)フリー 無添加フリー 他の動物原材料
オリジン
アーテミス
ニュートロナチュラルチョイス ×
モグワン
カナガン
ファインペッツ極
ネルソンズ
アカナ
ナチュラルドッグフード
ヤラー
ロイヤルカナン × ×

【3選】おすすめの魚ベースのドッグフードランキング

オリジン(6フィッシュ)

オリジンドッグフード

 

原材料

新鮮丸ごと大西洋サバ・新鮮丸ごと大西洋ニシン・
新鮮丸ごと大西洋カレイ・新鮮丸ごとアカディアンレッドフィッシュ・
新鮮大西洋アンコウ・新鮮丸ごとシルバーヘイク

内容量 2kg
原産国 アメリカ
通常価格(税込) 6,480円

 

オリジン(6フィッシュ)は、新鮮丸ごと大西洋サバ・ニシン・カレイ・アカディアンレッドフィッシュ・アンコウ・シルバーヘイクといった人間用の魚を85%使用してつくられた、無添加・穀物不使用のドッグフードです。高タンパク質すぎるため、お腹が弱い子は下痢になることもあるので様子を見ながら少しずつ切り替えていきましょう。

 

アーテミス(オソピュアグレインフリー)

アーテミスドッグフード

 

原材料

ドライバッファロー・フレッシュサーモン・
えんどう豆・ヒラマメ・ガルバンゾー豆(ひよこ豆)・
タピオカデンブン・えんどう豆粉

内容量 1kg
原産国 アメリカ
通常価格(税込) 2,419円

 

アーテミスの「オソピュアグレインフリー」は穀物不使用で高タンパク質・低脂肪なドッグフードです。フレッシュミックスには穀物が使用されているので、比較表では△ですが、このシリーズは穀物は使用されていないのでおすすめです。アーテミスはアメリカの犬専門雑誌で最高ランクに位置付けされるほど、高品質なドッグフードなので、ワンちゃんにも安心です。

 

ニュートロナチュラルチョイス(フィッシュ&ポテト)

ニュートロナチュラルチョイスドッグフード

 

原材料

フィッシュ(すり身)・フィッシュミール・乾燥ポテト・
レンズマメ・ヒヨコマメ・サツマイモ・キャノーラオイル

内容量 3kg
原産国 アメリカ
通常価格(税込) 3,480円

 

ニュートロナチュラルチョイスの「フィッシュ&ポテト」には、魚の自然素材の美味しさがギュッと詰まっています。高品質な魚のすり身をメインにアレルゲンとなりにくい原材料を使用しているので、アレルギーが気になるワンちゃんにも安心です。ただ、フィッシュミール・ビートパルプといったワンちゃんが苦手とする材料が使用されているのが気になるので3位のランク付けとなりました。

魚ベースのドッグフードはアレルギーが起きない?

ドッグフードでつくった魚

 

一般的に、ワンちゃんは魚でアレルギーを起こすことは少ないといわれています。ただ、その比率は少ないとはいえ、中にはタンパク質に対しての免疫異常を起こす子がいないわけではありません。また、魚の種類によって「サーモンは大丈夫だけど白身魚を食べるとアレルギーが出る」というワンちゃんもいます。

 

 

食物アレルギーに関しては一概に断言できないので、心配な場合には魚ベースのドッグフードの中でも「サーモンのみ」「ニシンのみ」など、さらに条件を絞って選択することをおすすめします。

魚ベースのドッグフード「フィッシュ4ドッグ」の評判はどうなの?

フィッシュ4ドッグ

 

フィッシュ4ドッグは天然オメガ3脂肪酸が豊富に含まれた、穀物不使用・無添加の「魚」のドッグフードです。嗜好性の高い肉食のワンちゃんには最適な食事だといえるでしょう。パピー・オーシャンホワイトフィッシュ・サーモン・トイブリードに加え、サーディン(イワシ)が新発売されています。大きな骨・ウロコ・内臓・頭・尾は使用せず、魚の身と小骨だけを使用しているので子犬にも安心して与えられます。

 

品名 原材料 内容量 通常価格(税抜)
サーディン サーディン・スウィートポテト・サーモンミール・エンドウ 1.5kg 3,080円
パピー オーシャンホワイトフィッシュ・ポテト・エンドウ 1.5kg 3,450円
オーシャンホワイトフィッシュ オーシャンホワイトフィッシュ・ポテト・エンドウ 1.5kg 3,080円
サーモン サーモン・ポテト・エンドウ 1.5kg 3,080円
トイブリード サーモン・ポテト・エンドウ 1.5kg 3,450円

 

フィッシュ4ドッグは、タンパク質の供給源として新鮮な魚を使用、穀物の代わり低GIのにポテトとエンドウが使用されているので、ワンちゃんの消化吸収が良いのが特徴です。ただ、タンパク質・脂質・カロリーが全体的に低めなので、しっかりと栄養をつけたいワンちゃんには物足りないかもしれません。