ロイヤルカナンが韓国製に変わるとワンちゃんに危険?

ロイヤルカナンドッグフード

 

ネット上では「ロイヤルカナンが韓国製に変わる」「韓国製に変わったら他のドッグフードに変える」などの噂や不安の声が多く上がり、実際のところはどうなのか心配というユーザーさんも多いのではないでしょうか?ワンちゃんの健康に関わることなので心配ですよね。

 

 

ここでは、ロイヤルカナンが韓国製に変わることで、ワンちゃんに危険なことが本当にあるのか、独自に調べてまとめてみました。(私は韓国に対して特別な感情はないので、冷静な判断のもと判断しています。)

そもそも、ロイヤルカナンが韓国製に変わるという噂は本当なの?

韓国の国旗

 

ネット上での噂はガセであることも多いのですが、ロイヤルカナンが韓国製に変わるというのは事実のようです。2018年3月に公式サイトで、韓国の全羅(キムジェ)市にて建設をすすめられていたロイヤルカナン全羅工場が竣工したと発表されています。

 

ロイヤルカナン韓国工場

 

2017年から韓国製に変わるという噂は嘘!

ネット上では、2017年8月から韓国の工場が稼働するという噂でしたが、公式サイトで韓国の全羅(キムジェ)工場が竣工したと発表されたのは2018年なので、全くのガセだということになります。ただ、もともとは2017年の夏に稼働する予定だったようです。

 

2018年から韓国製に変わるという噂は本当!

公式サイトで、韓国の全羅(キムジェ)工場が竣工したと発表されているので、2018年から韓国製になることは十分に考えられます。ただ、韓国製のロイヤルカナンが日本に入ってくるかは今の時点では分からないようです。

 

韓国製に変わる前に買い溜めをするべき?

「韓国製になったら買わない」というユーザーさんも多いので、買い溜めをしておこうと考えている人もいらっしゃると思いますが、ロイヤルカナンジャポンの考えは次の通りです。

 

●2018年より韓国の全羅(キムジェ)工場の稼働予定
●現時点では、韓国製を日本へ輸出する予定はない
●日本への輸出が決まった時点で告知する

 

ネット上では「アジアへの流出の80%が韓国製になる」と噂になっていたので、情報がまるで違うことが分かります。ロイヤルジャポンの考えでいうと、2018年にロイヤルカナンを買い溜めする必要はないといえるでしょう

ロイヤルカナンが韓国製であるかの見分け方とは?

虫眼鏡で調べものをする犬

 

ロイヤルカナンが韓国製になった場合、すぐに見分けることはできるのでしょうか?韓国製と表記されていれば一目瞭然ですが、そうでない場合は心配という人も多いと思います。韓国製であるのかを確認するには、バーコードの数字をチェックしましょう。バーコードの頭3桁を確認することで、韓国製であるかどう出ないかがすぐに把握できます。

 

 

韓国製の場合、バーコードの頭3桁が「880」となっています。ただ、日本でリパックされると「45」、または「49690〜691」などの中国になってしまうため、「880」でない場合でも韓国製である可能性はあるということです。つまり、確実に韓国製かどうかを見極めるのは難しいということになります。

ロイヤルカナンが韓国製になると4つの危険が考えられる?

ロイヤルカナンが韓国製になった場合に考えられる危険性をピックアップしてみました。一概にはいえませんが、食文化や衛生管理面から調べたことなので、参考にはなると思います。

 

@韓国の食事事情から見る危険

韓国料理

韓国には「犬食文化」が残っているので、今でも食用に犬を飼っているといわれています。韓国にも動物愛護団体があり、犬食に対しての反発が強くすすめられていますが、犬の肉は滋養強壮に良いとされているので、入院や手術後のお見舞いに差し入れをする文化もあります。韓国の人全てが犬を家畜として見ているわけではないと思いますが、犬食文化が残っているのは事実です。

 

A韓国食材の衛生面から見る危険

韓国の食品売り場

韓国に限ったことではありませんが、衛生面から見る危険性も考えられます。韓国食品の衛生面はニュースで取り上げられることも多く、賞味期限の偽装やゴキブリ・ネズミ・煙草の吸殻などの異物混入は記憶に新しいところです。学校給食のキムチからは寄生虫やカエルなども見つかっています。

 

 

このような事態が起こってしまう背景には、韓国の工場で働いている多くが貧困層であったり、工場の規模の小ささなど、なかなか衛生基準を守ることができない現状があるようです。韓国全ての工場がそうとは限りませんが、一部の工場がそうであると「韓国製は買う気にならない」という消費者が増えるのは致し方ないところでしょう。

 

Bドッグフードの死亡事故から見る危険

素ッグフードを前に伏せをしている犬

2007年に、中国食材で生産されたドッグフードを食べた犬が19匹も腎不全になったことでリコールしています。問題となった中国食材を使用したメーカーは全てリコールしていますが、そこには1,000匹以上のペットの命が奪われたという悲しい現実があります。この問題となった中国食材は小麦で、有機化合物「メラニン」が含まれていたことが原因とされています。

 

 

ここで気になるのは、ロイヤルカナンの韓国工場が稼働した場合の材料ですが、これに対しての回答は未決定なのか、まだ得られていません。「ロイヤルカナン共通の厳しい食品安全基準を適用」とされていますが、その基準がどういったものなのかが不安の要素の一つだといえます。

 

C反日デモから考えられる危険

デモのイメージ画像

一部の韓国人ではありますが、日本大使館の前で日本国旗の上で犬の首を切ったり、キジを殺すなどの過激な反日デモが行われています。一概には言えませんが、ロイヤルカナンの韓国工場に反日精神の人がいないとも限りませんし、犬を家畜と考えている人がいる場合もあります。何かのきっかけで反日デモが起こった際には、ロイヤルカナンの韓国工場が稼働しなくなることもあるでしょう。

 

 

そうなると輸出もストップしてしまいます。当たり前に購入できていたドッグフードが突然入手できなくなって一番困るのはワンちゃんです。すぐにそのようなことが起こるわけではありませんが、万が一のときに備え、他のメーカーのドッグフードも食べられるようにしておくと安心だといえます。

ロイヤルカナンのユーザーの評判は実際のところどうなの?

食べ物のことを考えている犬

ネット上では2017年から韓国製に変わるという噂が広がっていました。調査の結果、2018年3月にロイヤルカナン全羅工場が竣工したことが分かりました。ロイヤルカナンのユーザーさんの中には「韓国製でないうちはロイヤルカナンを続ける」と考えている人も多いようです。

 

 

ワンちゃんがずっとロイヤルカナンを食べている場合、すぐに他のドッグフードに切り替えるのは不安ですよね。現時点では、韓国製を日本へ輸出する予定はないとのことなので安心ではありますが、どう覆されるか分からないので、他のドッグフードも食べられるようにしておいた方が良いと思われます。

【結論】ロイヤルカナンが韓国製に変わる前に他のドッグフードに代替する準備を!

お皿に盛られたドッグフード

ここまで、いかがでしたか?冷静に判断したものの、少し個人的な考えも入っているところもありますが、結論としては「韓国製のドッグフードはお勧めできるとはいえない」ことがお分かり頂けたと思います。病気治療中のワンちゃんは獣医さんと相談し、健康なワンちゃんに関しては他のドッグフードに切り替える準備を始められると良いと思います。ワンちゃんも人間も食の安全性には十分に注意が必要ですね。