ドッグフードの保存で注意することは?

ドッグフードでつくった犬

 

ドッグフードの保存はどのようにされていますか?袋に入れたまま常温保存?それとも冷蔵庫?何となく、そのまま保存しているという飼い主さんが多いと思いますが、間違った保存方法はドッグフードを酸化させたり、カビなどの原因になってしまいます。

 

 

ドッグフードにはドライタイプとウェットタイプがありますが、それぞれ保存方法が異なります。ここでは、正しいドッグフードの保存方法のポイントをご紹介します。

【ドックフード(ドライタイプ)】正しい保存方法のポイントは4つ!

お皿に盛られたドライタイプのドッグフード

 

ドライタイプのドッグフードは水分量が少ないので、開封後1ヶ月ほどは基本的に持ちますが、保存状態が悪かったり、気温・湿度が高かったりすると劣化が早くなるため、次の4つのポイントを押さえておきましょう。

 

@空気との接触を減らして酸化防止!

袋に入れたドッグフード

 

ドライタイプのドッグフードの保存で一番大切なのは酸化を防ぐことです。ワンちゃんは嗅覚が発達しているため、ドッグフードの酸化には非常に敏感なので、中には開封後1週間ほどで嫌がる子もいるほどです。

 

 

ドッグフードの酸化を防ぐためには、袋に入っている場合は中の空気をしっかり出すことです。ジッパー付きでないものは、ジッパー付きの袋に小分けすることで酸化を防ぐことができます。

 

A直射日光を防いで傷みを防止!

日差しが強そうな空

 

全ての食品にいえることですが、直射日光に当たる場所に保存すると傷みが早くなってしまいます。ドライタイプのドッグフードも同様で、たとえ未開封であったとしても、直射日光は避けて冷暗所で保存しましょう

 

 

また、お皿にドッグフードを入れたまま放置することも避けましょう。特に夏場は傷みだけでなく虫が発生する原因にもなります。外飼いのワンちゃんの場合は犬小屋の中で与えるようにしましょう。

 

Bニオイが強いものとは分けて保存!

犬の鼻のアップ

 

ニオイが強い食品や芳香剤などと一緒に保存すると、ドッグフードに香りが移ってしまいます。鰹節などの香りであれば食欲が高まる場合もありますが、食べ物以外のニオイがドッグフードに移ると、ワンちゃんは食べるのを嫌がります。そうなるとドッグフードは捨てるしかないので、ニオイが強いものとは分けて保管するように注意が必要です。

 

C冷蔵庫はNG!

冷蔵庫を覗きこむ犬

 

とりあえず冷蔵庫に入れておけば安心と思われている飼い主さんも多いと思いますが、ドライタイプのドッグフードには10%程度の水分が含まれているため、常温保存が望ましいとされています。冷蔵庫の開け閉めによる温度差で結露が起こると、劣化やカビの原因になってしまいます。

【ドッグフード(ウェットタイプ)】正しい保存方法のポイントは3つ!

缶詰に入ったドッグフード

 

ドライタイプと違い、ウェットタイプのドッグフードの場合はできるだけその日のうちに食べきってしまうことをおすすめします。開封後に冷蔵保存をすれば2日ほどは大丈夫ですが、香りが落ちるせいか食いつきがわるくなるワンちゃんも見られます。ここでは、ウェットタイプのドッグフードを保存する際の3つのポイントを見てみましょう。

 

@1回で食べきれないものは冷蔵保存する!

冷蔵庫の中を見ている犬

 

ワンちゃんが1回で食べきれなかったウェットタイプのドッグフードを保存する場合には、常温保存ではなく必ず冷蔵保存をしましょう。その際には、劣化防止や香りを保つためにラップをするようにしましょう。

 

A容器に移し替えて保存する!

瓶に入ったフードを見る子犬

 

開封したウェットタイプのドッグフードを保存する場合には、パッケージに入れたままではなく、タッパーなどの容器に移し替えて保存するようにしましょう。食べ残しは雑菌が増える原因になるのはもちろんですが、パッケージに入れたままの保存も、不特定多数の人が触れている可能性があるため、雑菌が繁殖する可能性が考えられるからです。

 

 

缶詰の場合は加熱殺菌処理されているので中身は衛生的ですが、そのままの保存は酸化の原因になるので、残ったときには容器に移し替えて冷蔵庫で保存するようにしましょう。

 

B冷凍保存を活用する!

冷凍庫の中に豚の置き物

 

買い溜めなどで長期保存する場合には、冷凍保存を活用しましょう。その場合も、タッパーなどの容器に移し替えるか、ジッパー付きの袋に入れて酸化と乾燥しないようにすることが大切です。冷凍焼けすると、味や風味が落ちてしまうため、1ヶ月以内には食べきるようにしましょう。解凍するときには電子レンジではなく、自然解凍がおすすめです。

【5選】ドッグフードの保存に便利なおすすめアイテム!

ペロッと少し舌を出した黒い犬のアップ

 

ドッグフードを小分けにしたり、冷凍保存をする際に便利なアイテムをご紹介します。楽天・amazonなどの通販で人気のもの、100均ショップで手に入るものまで、ドッグフードの保存が簡単便利にできるアイテムなので用途に合わせて活用してくださいね。

 

@ジッパー付きの袋で酸化防止!

ジッパー付きの保存袋

 

ジッパー付きの袋は、食べ残りのドッグフードの冷蔵保存や冷凍保存、小分けする際などあらゆるシチュエーションで活躍します。完全な真空状態にできるわけではありませんが、空気を抜いて保存することで酸化防止にもなるので、ドッグフードの保存には欠かせないアイテムの一つです。

 

Aシリカゲルで湿気防止!

シリカゲル

 

ドライタイプのドッグフードの保存にはシリカゲルを使用することで湿気を防止することができます。湿気を防止することで、カビの繁殖やフードがフニャフニャになるなどの劣化を防ぐことが可能です。シリカゲルは天日干しをすると繰り返し使用することができるので経済的です。

 

Bフードストッカーで真空保存!

フードストッカー

 

最近では、真空状態になるフードストッカーが多く販売されています。蓋にボタンがついているものや、ポンプで真空にするものなど、タイプもさまざまなので、使いやすものを試してみましょう。

 

C自宅で簡単に真空状態に!

真空パックにする機械

 

こちらは自宅で簡単に袋を真空状態にできるアイテムです。手動で真空にするもの、機械で真空にするものと2タイプありますが、真空用の袋を使用しなくてはなりません。鮮度を保つためには抜群ですが、コスパが良いものではないため、1ヶ月以内に食べきれるようであれば、ジッパー付きの袋で十分対処することができます。

 

D袋留めクリップを活用する!

袋留めクリップ

 

袋にジッパーが付いているものであれば不要ですが、袋止めのクリップも幾つかあれば便利なアイテムです。通常のビニール袋に食品を入れてクリップで留めて保存すれば、中身が散乱することもありませんし、ワンちゃんがいたずらをして中身を食べ散らかすことも防げます。

まとめ

ドッグフードを食べる犬

 

ドッグフードの正しい保存方法についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

 

チェックマークドライタイプのドッグフードの保存方法

●開封後はできるだけ1ヶ月以内に食べきる
●空気に触れないように保存する
●直射日光は避けて冷暗所で保存する
●ニオイの強いものとは分けて保存する

 

チェックマークウェットタイプのドッグフードの保存方法

●容器に移し替えて保存する
●冷蔵保存した場合でも翌日には食べきること
●冷凍保存した場合でも1ヶ月以内には食べきること

 

ワンちゃんは嗅覚が優れているため、酸化したドッグフードを嫌がる傾向にあります。正しい保存方法で鮮度を保ち、美味しく食べられるように管理することが大切です。