ワンちゃんに与えてはいけない食べ物を把握しておきましょう!

生肉を見て舌を出している犬

 

ワンちゃんにドッグフードだけでなく、手づくりの食事やおやつを与えている飼い主さんも多いと思いますが、普段私たちが食べている食材の中には、ワンちゃんにとって危険となるものが含まれています。どんなに栄養価が高いものであっても、ワンちゃんの負担になるものも少なくありません。

 

 

まず、飼い主さんがワンちゃんに与えると危険な食べ物を把握し、ワンちゃんの手の届かない場所に保存するなどして、しっかりと管理をすることが大切です。

【危険!】ワンちゃんに与えてはいけない食べ物一覧

食材 生食 加熱 原因
牛肉 × 寄生虫・病原菌
豚肉 × トキソプラズマ
鶏肉 × サルモネラ菌
レバー × 寄生虫・病原菌
ハム・ウィンナー × × 塩分
× アビシン
貝類 × チアミナーゼ
タコ × × アレルギーの可能性・消化不良
イカ × × アレルギーの可能性・消化不良
カニ × × アレルギーの可能性・消化不良
スルメ × × アレルギーの可能性・消化不良
青魚 × 不飽和脂肪酸
淡水魚 × チアミナーゼ
タマネギ × × アリルプロピルジスルフィド
ぶどう・レーズン × × 不明
ドライプルーン × × 不明
柑橘類の皮 × × ソラレン
ザクロ × × ペルチェリン
ナッツ類 × × 不明
チョコレート・カカオ × × デオブロミン・カフェイン
はちみつ × × ボツリヌス菌
ほうれん草 × △(少量) シュウ酸
にんじん △(少量) △(少量) βカロチン
トマト △(少量) △(少量) アルカロイド
ピーマン △(少量) △(少量) βカロチン
なす △(少量) △(少量) アルカロイド
アスパラガス △(少量) △(少量) アルカロイド
アロエ × × バルバロイン・サポニン
アボカド × × ペルシン
牛乳 × × 乳糖
お茶 × × カフェイン・ポリフェノール
アルコール × × エタノール
× 消化不良
うどん × △(少量) 塩分
そば × △(少量) マグネシウム
パスタ × △(少量) 塩分
小麦 × アレルギーの可能性・消化不良
とうもろこし × アレルギーの可能性・消化不良
キシリトール × × 低血糖症を発症
香辛料 × × 感覚麻痺の可能性
調味料 × × 犬には不要

【要チェック!】ワンちゃんに与える上で注意が必要な食べ物

食材を前に嬉しそうな2匹の犬

 

ワンちゃんに与える上で、飼い主さんが注意すべき食材をピックアップしてみました。今一度チェックをして、ワンちゃんの健康維持にお役立て下さい!

 

青魚

ざるに盛られたサンマ

青魚に含まれる不飽和脂肪酸がワンちゃんの体内で酸化するとビタミンEを破壊してしまい、イエローファット(黄色脂肪症)を引き起こす原因になります。魚を多く食べる猫がなりやすい病気ですが、ワンちゃんも青魚を大量摂取すると発症するといわれています。また、ヒスタミンが食物アレルギーを起こす可能性もあるため、青魚は主食にせず、少量を与えるようにしましょう。

 

貝類

ざるに盛られたしじみ

基本的には、貝類はワンちゃんに与えない方が良いでしょう。ワンちゃんは貝類を消化する酵素が少ないため、下痢・嘔吐などを起こす可能性があります。また、貝には中毒成分「ピロフェオホルビドa」や「チアミナーゼ」が含まれているため、ワンちゃんに与えるのは止めた方が安心だといえます。

 

甲殻類(タコ・イカ・エビ・カニなど)

ざるに盛られたタコ

タコ・イカには「チアミナーゼ」が含まれています。加熱することでチアミナーゼは破壊されますが、甲殻類は消化・吸収が悪ので、ワンちゃんが下痢嘔吐を引き起こす原因になるケースが多く見られます。また、食物アレルギーを起こしやすい食材でもあるので、ワンちゃんに与えるのは控えた方が良いでしょう。

 

白米・玄米

テーブルの上に置かれた白米と玄米

白米よりも玄米の方がGI値が低いので、ワンちゃんの肥満予防になりますが、穀物はワンちゃんの消化・吸収が悪くなるため、主食として与えるのは止めましょう。腹持ちも良いのでダイエットが必要なワンちゃんには最適ですが、やわらかく炊いたものを少量(10〜20g)程度をトッピングするくらいで十分です。

 

麺類

手打ち麺

麺類は塩分が多く含まれています。ワンちゃんに麺類を与える場合には塩を入れずに茹で、水洗いしたものを2〜3本、トッピングするくらいで十分です。ただ、そばはマグネシウムが多く含まれるので、尿結石の原因になりかねません。ワンちゃんには控えた方が良い食材です。

 

大豆

小さじ1杯の大豆・豆腐・納豆・枝豆

生の大豆に含まれる「トリプシンインヒビター」は、ワンちゃんが消化不良を起こす原因になるケースが多く見られます。トリプシンインヒビターは長時間の加熱・発酵で毒性が減少するので、ワンちゃんには豆腐や納豆を与えるのが良いでしょう。ただし、おからは傷みが早いのでその日につくったものを与えるようにしましょう。

 

小麦・とうもろこし

小麦ととうもろこしの粉

小麦・とうもろこしには危険視される成分は含まれていませんが、ワンちゃんにとって穀物は消化・吸収が悪いので苦手とする食材です。安価なドッグフードに多く含まれいますが、アレルギーを引き起こしやすい食材でもあるため、ワンちゃんには与えない方が良い食材だといえます。

 

煮干し

いりこ

いりこなどは栄養満点ですが、人用は塩分が多く含まれているため、出汁をとったあとのものかワンちゃん用のものを与えるようにしましょう。ただ、いりこなどはカルシウム・マグネシウムが豊富なので、与えすぎは尿結石の原因にもなりまねません。ワンちゃんには少量をトッピングする程度で十分だといえるでしょう。