フレンチブルドッグのドッグフード選びで注意することは?

伏せをして斜め上を見るフレンチブルドッグ

 

フレンチブルドックは、ユニークな風貌と穏やかな性格で世界的に人気が高まっているワンちゃんです。大きめの頭に大きい立ち耳、短い毛と短い尻尾が特徴で、筋肉質でがっちりとした体格をしています。愛情深く、神経質な面も見られないので、無駄吠えもありません。

 

 

フレンチブルドッグは活発ではありますが、ガニ股であるため、過剰な散歩や運動は股関節に大きな負担となってしまいます。また、短吻種であるため、呼吸器が短く体温調節が上手くできません。寒い時には洋服を着せ、特に暑い時にも注意が必要です。さらに、短毛のフレンチブルドックは虫刺されや接触アレルギーなども起こりやすく、皮膚病になりやすい傾向があります。

 

 

ここでは、これらの特徴を踏まえ、フレンチブルドッグに適したドッグフードの選び方やおすすめのドッグフードをご紹介します。

 

フレンチブルドッグのドッグフード選びのポイントは3つ!

野原を嬉しそうに走る2匹のフレンチブルドッグ

 

@グレイン(穀物)フリーのドッグフードを選ぶ

ワンちゃんは肉食なので、とうもろこし・小麦・米などの穀物が苦手です。穀物は消化・吸収が悪いので、腸が弱い犬種であるフレンチブルドッグには大きな負担となってしまいます。フレンチブルドッグには、100%グレイン(穀物)フリーのドッグフードを選んであげましょう。

 

A高タンパク質なドッグフードを選ぶ

ワンちゃんの体はタンパク質でできているといっても過言ではありません。特に、フレンチブルドッグのようながっちりとした筋肉質な体型のワンちゃんは、筋肉量を維持するためにも高タンパク質(28%以上)なドッグフードが理想です。筋肉をしっかりつけることで基礎代謝が高まり、肥満を予防することもできます。

 

B原材料が肉の割合の多いドッグフードを選ぶ

フレンチブルドッグは皮膚病になりやすい犬種です。皮膚が敏感なフレンチブルドッグには、皮膚のバリア機能を高めるためにも「ミール」「副産物」「4D」などの粗悪な肉材料が使用されているドッグフードは避け、質の良い肉の割合が50%以上のものを選びましょう。

 

フレンチブルドッグにおすすめのドッグフードを比較してみました!

ドッグフード名 グレイン(穀物)フリー タンパク質 肉の割合
モグワン 28.00% チキン&サーモン53%
カナガン 33.00% チキン55.7%
ファインペッツ極 36.00% アヒル&ニシン90%
ネルソンズ 30.00% チキン46%
オリジン 38.00% チキン他80%
アカナ 27.00% ラム他50%
ナチュラルドッグフード 20.00% ラム55%
アーテミス 20.00% 非公開
ヤラー 24.00% チキン23%
ロイヤルカナン × 19.00% 非公開
ニュートロナチュラルチョイス × 25.00% 非公開

【3選】フレンチブルドッグにおすすめのドッグフードランキング

モグワン

モグワンドッグフード

 

原材料

チキン&サーモン56%(生サーモン12%・乾燥チキン12%・
乾燥サーモン7%・チキングレイビー2%・サーモンオイル2%)
サツマイモ・エンドウ豆・レンズ豆・ひよこ豆

内容量 1.8kg
原産国 イギリス
通常価格(税抜) 3,960円
定期購入(税抜)

1袋10%オフ 3,564円
2袋15%オフ 3,366円
3袋20%オフ 3,168円

送料 通常640円 3袋以上(10,000円以上)無料

 

モグワンは、獣医師の84%が「食べさせたい」と回答している優秀なドッグフードです。チキン&サーモンが53%、メイン以外の40%は野菜・果物と栄養バランスが良く、100%グレイン(穀物)フリーなので安心です。タンパク質は28%、脂質も12%と高すぎないので腸が弱いフレンチブルドッグにおすすめです。

 

カナガン

カナガンドッグフード

 

原材料

チキン・サツマイモ・海藻・マリーゴールド・
クランベリー・カモミール

内容量 2kg
原産国 イギリス
通常価格(税抜) 3,960円
定期購入(税抜)

1回の合計7,000円未満10%オフ
1回の合計7,000円〜20,000円未満15%オフ
1回の合計20,000円以上20%オフ

送料 通常640円 10,000円以上無料

 

カナガンは、ワンちゃんに必要なものだけにこだわってつくられた100%グレイン(穀物)フリーのドッグフードです。メインのチキンは55.7%、タンパク質も33%と高いので、しっかり運動ができているフレンチブルドッグにはもっとも適しています。ただ、タンパク質が高すぎると下痢をしてしまう子もいるので、お腹が心配な子は少しずつ試してみましょう。

 

ファインペッツ極

ファインペッツ極ドッグフード

 

原材料

フランス産アヒル肉・グリーンピース・鶏脂・
乾燥ポテト・オランダ産乾燥ニシン肉・全卵・
アルファルファ・イナゴマメ

内容量 1.5kg
原産国 オランダ
通常価格(税抜) 5,701円
お試しパック(税抜) 初回限定1,080円
送料 3kg以上は無料

 

ファインペッツ極は、フランス産のアヒル肉・オランダ産の乾燥ニシン肉が贅沢に90%も使用された、穀物不使用のドッグフードです。タンパク質も36%と高いので運動量が多いフレンチブルドッグには、筋肉をしっかりつくれるのでおすすめです。ただ、運動量が少なめの子はうんちが軟らかくなる場合もあるので、そのときはタンパク質が高すぎないドッグフードに変えましょう。

「フレンチブルドッグ用」のドッグフードって、実際のところどうなの?

ぬいぐるみの上に顔を乗せて伏せをしているフレンチブルドッグ

 

ドッグフードの中には「フレンチブルドッグ用」がありますが、原材料や栄養面は実際のところどうなのでしょうか?ここでは、ロイヤルカナンの「フレンチブルドッグ成犬〜高齢犬用」を検証してみました。

 

ロイヤルカナンドッグフード

 

原材料 米・小麦・ポークプロテイン・肉類(鶏・七面鳥)
内容量 1.5kg
原産国 フランス
通常価格(税込) 2,797円
定期購入(税込) 2,797円
送料 通常500円 5,000円(税抜)以上は無料

 

チェックマークロイヤルカナンの原材料を細かくチェックしてみましょう。

米、小麦、動物性脂肪、ポークプロテイン、植物性分離タンパク*、肉類(鶏、七面鳥)、加水分解動物性タンパク、ビートパルプ、大豆油、魚油、フラクトオリゴ糖、加水分解甲殻類(グルコサミン源)、マリーゴールド抽出物(ルテイン源)、緑茶・ブドウ抽出物(ポリフェノール源)、加水分解軟骨(コンドロイチン硫酸源)、アミノ酸類(L-チロシン、タウリン、L-カルニチン)、ポリリン酸ナトリウム、ゼオライト、ミネラル類(Cl、K、Na、Ca、P、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、D3、イノシトール、E、コリン、ナイアシン、C、パントテン酸カルシウム、B6、B1、B2、葉酸、ビオチン、B12)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(BHA没食子酸プロピル

 

ロイヤルカナンには、ワンちゃんの健康に危険視される成分が含まれています。米・小麦などの穀物がメインで、動物性脂肪で香り付けされているので、腸が弱いフレンチブルドッグには負担になってしまいます。当サイトでおすすめしているドッグフードの方が栄養バランスが良く消化・吸収に優れ、質の良い原材料が使用されているので断然おすすめだといえるでしょう。

フレンチブルドッグの皮膚病はドックフードにも原因があるの?

ニットの上に伏せをしているフレンチドッグ

 

フレンチブルドッグは短毛で通気性が良い一方で「皮下に紫外線が届きやすい「虫刺されが多い」「接触アレルギーが起こりやすい」など、皮膚トラブルが多い犬種です。顔のシワに汚れが溜まりやすいのも、炎症やニオイの原因になってしまいます。また、腸が弱い犬種でもあるため、食物アレルギーを起こしやすい犬種であるともいえるでしょう。

 

 

フレンチブルドッグは、見かけによらずとてもデリケートなワンちゃんです。ドッグフードが皮膚病の原因であるとは一概にいえませんが、粗悪な原材料が使用されているドッグフードは避けた方が良いのはいうまでもありません。ワンちゃんが苦手とする穀物がメインのドッグフードは消化・吸収が悪く、アレルギーを誘発する原因にもなりかねません。

 

 

フレンチブルドッグには、質の良い肉がメインでつくられた穀物不使用のドッグフードを与え、皮膚のバリア機能を向上させてあげましょう。