ワンちゃんがくしゃみをする病気【鼻炎】の原因&対策方法

タオルをかぶって鼻だけ出している犬

 

鼻炎の原因 くしゃみ以外の症状 対策方法
ダニ・アレルギー・ウイルス・菌感染・ポリープ・先天性 目やに・鼻水・呼吸が荒い・鼻を気にする ワクチン接種

 

ワンちゃんの鼻炎に有効とされるのは、ウイルス感染を予防するワクチン接種・アレルギー対策です。先天性疾患である場合などは対策が難しく、鼻炎が慢性化すると副鼻腔炎になりやすいため、原因を特定して抗生物質や抗炎症剤での早期治療が必要です。

 

ワンちゃんがくしゃみをする病気【副鼻腔炎】の原因&対策方法

犬の鼻のアップ

 

副鼻腔炎の原因 くしゃみ以外の症状 対策方法
鼻炎の慢性化・歯周病 目やに・鼻水・呼吸が荒い・鼻筋の腫れ・顔や鼻を気にする 鼻炎の早期治療

 

副鼻腔炎は鼻炎が慢性化することで発症することが非常に多く見られます。ワンちゃんに鼻炎の症状が見られる場合には、放っておかずに動物病院で早期治療を行いましょう。

ワンちゃんがくしゃみをする病気【蓄膿症】の原因&対策方法

犬の鼻から上

 

蓄膿症の原因 くしゃみ以外の症状 対策方法
鼻炎の慢性化・副鼻腔炎・アレルギー 粘度の高い鼻水・口呼吸をする・口臭・食欲低下・呼吸が荒い・鼻筋の腫れ・顔や鼻を気にする 鼻炎・副鼻腔炎の早期治療・ワクチン接種

 

ワンちゃんの蓄膿症は、慢性化した鼻炎が副鼻腔炎となり、その結果副鼻腔に膿が溜まることで引き起こります。蓄膿症を予防するためには、鼻炎・副鼻腔炎の原因を取り除き、早期治療をすることで防ぐことができます。鼻炎の原因がウイルス感染の場合には、ワクチン接種が有効です。

 

ワンちゃんがくしゃみをする病気【鼻粘膜腫瘍】の原因&対策方法

鼻をメインに写真を撮られる犬

 

鼻粘膜腫瘍の原因 くしゃみ以外の症状 対策方法
良性ポリープ・リンパ腫・軟骨肉腫・腺ガン 鼻水・鼻血・呼吸が荒い・いびき・食べるのが遅くなる 原因不明のため予防できない・早期発見・早期治療

 

ワンちゃんの鼻粘膜腫瘍は、遺伝や原因不明といわれています。予防は難しいですが、鼻の中に腫瘍ができることは稀であることから、ワンちゃんとのスキンシップを日課にし、少しでも異変を感じたら動物病院を早めに受診して早期発見することが大切です。

ワンちゃんがくしゃみをする病気【歯周病】の原因&対策方法

歯ブラシをくわえている犬

 

歯周病の原因 くしゃみ以外の症状 対策方法
歯石・歯垢・口腔内の傷・加齢 歯茎の炎症・歯茎からの出血・歯が長く見える・歯が抜ける・口臭・食べるのが遅くなる・嘔吐 歯磨き・歯磨きガム・ドライフード

 

歯周病が悪化するとくしゃみが出ることがありますが、それ以前に上記のくしゃみ以外の症状があらわれます。ワンちゃんの歯周病を防ぐためには、日頃から歯磨きを習慣にして口腔内を清潔に保つことが大切です。加齢とともに歯周病になるリスクは高まりますが、特に小型犬に多く見られるので日頃のケアを怠らないようにしましょう。

 

ワンちゃんがくしゃみをする病気【肺水腫】の原因&対策方法

ハートを体に寄せて伏せをする犬

 

肺水腫の原因 くしゃみ以外の症状 対策方法
心不全・僧帽弁閉鎖不全症・熱中症・毒物の吸引 鼻水・咳・よだれが増える・呼吸が荒い・吐き気・チアノーゼ(酸欠で口腔粘膜が青紫になる) 室内の温度調節・基礎疾患の治療

 

ワンちゃんの肺水腫は心臓病が原因で起こることが多く、肺炎と症状が似ているのが特徴です。不安気に歩き回る・不眠などの症状が見られる場合もあるため、日頃からワンちゃんの健康状態を観察し、重症化する前に対応することで予防できます。チワワ・トイプードル・ダックスフンドなどの小型犬に多く見られる病気です。

ワンちゃんがくしゃみをする病気【犬ジステンパーウイルス感染症】の原因&対策方法

マスクをして伏せをしている犬

 

犬ジステンパーウイルス感染症の原因 くしゃみ以外の症状 対策方法
感染動物との接触 目やに・鼻が渇く・咳・食欲低下・呼吸が荒い・嘔吐・下痢・血便・元気がなくなる ワクチン接種・二次感染予防

 

犬ジステンパーウイルス感染症は、感染動物との接触、くしゃみや同じ器での食事など間接的な接触でも感染してしまいます。犬ジステンパーウイルス感染症の治療薬はないため、ワクチン接種での予防がもっとも効果的です。ただ、ワクチンはデメリットもあるため、獣医師に確認した上で受けるようにしましょう。

 

ワンちゃんがくしゃみをする病気【ケンネルコフ】の原因&対策方法

毛布の上に顎を乗せて伏せをしている子犬

 

ケンネルコフの原因 くしゃみ以外の症状 対策方法
感染動物との接触・飛沫感染 鼻水・咳(興奮・運動で悪化する)・食欲低下・微熱 パラインフルエンザ・アデノウィルス2型・ジステンパー・パルポウィルスのワクチン接種

 

ケンネルコフは「伝染性気管気管支炎」とも呼ばれる感染力の強いウイルス性の病気です。ウイルスに感染し場合、10日ほどして軽い症状が出て回復しますが、ワクチンによる免疫を獲得していない子犬や抵抗力の弱い老犬の場合は重症化し、死亡することもあります。

ワンちゃんがくしゃみをする病気【犬伝染性肝炎】の原因&対策方法

他の子のニオイを嗅いでいる犬

 

犬伝染性肝炎の原因 くしゃみ以外の症状 対策方法
感染動物との接触(涙・鼻水・唾液・尿・便などの分泌物)・器・衣類などの共有 鼻水・涙が増える・食欲低下・喉が渇く・腹痛・嘔吐・下痢・微熱 ワクチン接種

 

感染動物との接触で感染するため、散歩中に他のワンちゃんのおしっこの臭いを嗅いだりしないよう、しつけておきましょう。犬伝染性肝炎の治療薬はないため、年に1回のワクチン接種での予防がもっとも効果的です。ただ、ワクチンにはデメリットもあるため、獣医師に確認した上で受けるようにしましょう。

 

ワンちゃんがくしゃみをする病気【クリプトコッカス症】の原因&対策方法

後ろに鳩がいっぱいいる場所に佇む犬

 

クリプトコッカス症の原因 くしゃみ以外の症状 対策方法
クリプトコッカス(カビ)の経吸気感染 目やに・鼻水・呼吸が荒い・鼻に肉芽種を形成・運動障害・痙攣 散歩中の鳩・糞を避ける

 

クリプトコッカスは真菌(カビ)の一種です。空気中や土の中など自然界に広く存在し、特に鳩の糞から検出されることで知られています。主に鼻や口から吸いこむことで感染しますが、免疫力が高いワンちゃんは無症状です。抵抗力の弱い子犬や老犬は発症しやすいので、大量に鳩の糞がある場所は避けるようにしましょう。

ワンちゃんがくしゃみをする外的要因【アレルギー】の原因&対策方法

鼻の上を飛んでいる虫を見る犬

 

アレルギーの原因 くしゃみ以外の症状 対策方法
ハウスダスト(ダニ・埃)・花粉・食物 鼻水・白目の充血・目や鼻を気にする・痒み アレルゲンの特定

 

ワンちゃんのアレルギーの原因はさまざまですが、大きく分けると「食物アレルギー」と「接触アレルギー」の2つです。ワンちゃんのアレルギーを改善するためには、アレルゲンを特定してそれを避けることが一番効果的です。ワンちゃんのくしゃみが出る季節・場所(ケージ・布団など)・時間などをチェックし、ブラッシングや掃除などをまめに行うようにしましょう。

 

ワンちゃんがくしゃみをする外的要因【刺激臭】の原因&対策方法

歯をむき出しにして嫌がっている犬

 

刺激臭の原因 くしゃみ以外の症状 対策方法
香水・芳香剤・マニキュア・香辛料・柑橘類・煙草・アルコール アレルギー性鼻炎を誘発 犬が苦手な刺激臭は避ける

 

ワンちゃんの嗅覚は人の約100万倍も鋭いといわれています。特に、刺激臭に関しては1億倍ともいわれているので、ひどい場合にはアレルギー性鼻炎を引き起こすこともあります。ワンちゃんの嗅覚細胞は人の500万個に対し2億個もあります。ワンちゃんが苦手とする刺激臭は、飼い主さんが日常生活の中で管理することが大切です。

ワンちゃんがくしゃみをする外的要因【急激な温度差】の原因&対策方法

毛布に包まる犬

 

寒暖差でくしゃみが出る原因 くしゃみ以外の症状 対策方法
鼻の粘膜が刺激される 鼻水・血管の収縮 毛布・風よけなどで温度調節

 

ワンちゃんも人と同じで、急激な寒暖差で鼻の粘膜が刺激されるとくしゃみが出ます。寒暖差で起こるくしゃみなどは病気ではありませんが、特に寒さに弱いチワワ・マルチーズ・シーズーなどは急激な温度変化で脈拍が早くなったり、心臓に負担が掛かるケースも見られるため、室内の温度やケージへの配慮を心掛けましょう。

ワンちゃんのくしゃみが止まらない原因とは?

くしゃみをする犬

 

ワンちゃんのくしゃみが連続して止まらない場合には、アレルギーまたは刺激臭による可能性が高いと思われます。ワンちゃんのくしゃみが慢性的であったり、くしゃみの回数がいつもより増えた場合には他の病気が潜んでいることが考えられるので、各病気の項目をチェックしてみてください。

 

 

ただ、素人判断ではなかなか難しいので、ワンちゃんの様子がいつもと違うと感じたときには早めに動物病院を受診することをおすすめします。

ワンちゃんがくしゃみ以外に鼻水も出てるときに考えられる病気は?

舌を出して伏せをしている犬

 

ワンちゃんのくしゃみの症状は、同時に鼻水が出ることが多く見られます。私たちもくしゃみが出ると鼻水も一緒に出ることがありますよね。それと同じです。飼い主さんが注意することは、鼻水の状態です。サラッとしている鼻水なのか、粘度の高い鼻水なのかで、原因の特定がしやすくなります。

 

 

例えば、鼻炎や副鼻腔炎の場合はサラッとした鼻水〜粘度の高い鼻水がでますが、蓄膿症の場合はドロッとした粘度の高い鼻水が出るのが特徴です。ただ、刺激臭やアレルゲンが特定されているアレルギーが原因で起こるくしゃみ+鼻水以外の場合は、動物病院を受診された方が安心だといえるでしょう。

ワンちゃんの「逆くしゃみ」って何?

野原に佇む犬

 

逆くしゃみとは、鼻がつぶれた短頭種や小型犬に多く見られる息を吸うときに大きな音が鳴っている状態です。「咽頭絞扼反射」「発作性呼吸」とも呼ばれ、一般的には若い頃からあらわれ始め、生涯にわたって継続することもあれば、高齢になると自然と無くなるワンちゃんも見られます。

 

 

鼻から空気を激しく吸いこんでいる様子はとても苦しそうで心配になりますが、数秒〜1分程度で治まるとワンちゃんは何事もなかったかのようにケロッとしています。原因は不明で、特に治療は必要ないとされていますが、頻繁に起こる場合には一度動物病院を受診すると安心です。