ワンちゃんの耳掃除の正しいやり方

耳を広げている犬

 

ワンちゃんの耳掃除を怠ると汚れが溜まり、臭い・痒み・外耳炎などの原因になってしまいます。飼い主さんであっても、ワンちゃんの耳の中を掃除するのは何だか怖くて・病院やトリミングでしか行っていないという人も多いかもしれません。

 

 

実は、ワンちゃんの耳掃除は自宅でも簡単に行うことができます。ワンちゃんの耳は鼓膜までの外耳道がL字型に折れているため、通気性が悪く汚れが溜まりやすいので、いつもキレイに掃除してあげましょう。

 

気になったときに行うワンちゃんの耳掃除のポイント

耳の汚れを拭いて貰っている犬

 

ふとワンちゃんの耳の汚れが気になったときは、コットンまたはガーゼなどに洗浄液を含ませて汚れを拭き取ってあげましょう。ワンちゃんの耳の穴の周辺を中心にやさしく拭き取ることで、汚れが少ない子は十分にキレイになります。

 

 

耳の穴に汚れを押し込まないように注意し、スキンシップのように耳掃除をしてあげることでワンちゃんも抵抗がなくなってくるでしょう。ご褒美におやつをあげるのも耳掃除を好きになってもらうコツです。

 

定期的に行うワンちゃんの耳掃除のポイント

気持ち良さそうに耳掃除をして貰っている犬

 

ワンちゃんの耳掃除をしっかりと定期的に行う場合には、洗浄液とコットンを用意しましょう。

 

@ワンちゃんの頭を固定する
A洗浄液を耳に数滴入れる
B耳の付け根(コリコリしているところ)をマッサージするよにして揉み込む
Cワンちゃんが首を振って出した余分な洗浄液を拭き取る
Dワンちゃんが首を振らない場合は耳に軽く息を吹きかける
Eお利口に耳掃除をさせてくれたときにはおやつをあげる

 

ワンちゃんの耳掃除の頻度はどれくらい?

目をつぶって気持ち良さげに上を向く犬

 

ワンちゃんの耳掃除を定期的に行う場合、特に垂れ耳のワンちゃんは耳の中が蒸れて汚れやすいので、1週間〜10日に1回を目安にしましょう。毎日のように頻繁に耳掃除をすると、ワンちゃんの耳の皮膚を傷つけてしまうため、外耳炎や炎症を起こしてしまう原因になります。また、拭き取る際には力を入れすぎないよう、やさしく行いましょう。

 

●垂れ耳のワンちゃん 1週間〜10日に1回程度
●立ち耳のワンちゃん 2週間に1回程度

ワンちゃんの耳掃除におすすめのアイテム

チェックマーク耳洗浄液(必須)

 

ノバルサン オチック

ノバルサン オチック

 

商品名 内容量 価格(税込)
ノバルサン オチック 118ml 2,141円 ※amazon

 

多くの動物病院で使用されている犬猫用の耳洗浄液です。頑固な耳垢もスッキリ落ちますが、アルコール成分が入っているので刺激が強いため、アレルギーのあるワンちゃんは注意が必要です。

 

ビルバック エピオティック

ビルバック エピオティック

 

商品名 内容量 価格(税込)
ビルバック エピオティック 250ml 3,595円 ※楽天

 

糖質を配合したワンランク上の耳洗浄液です。耳垢が効率的に除去され、アルコールフリーなのでアレルギーがあるワンちゃんにも安心ですが、ニオイがあります。

 

オーツムギ イヤークリーナー

オーツムギ イヤークリーナー

 

商品名 内容量 価格(税込)
オーツムギ イヤークリーナー 150ml 1,450円 ※amazon

 

天然成分オーツ麦が主成分の耳洗浄液です。低刺激なのでワンちゃんの耳にやさしく、鼻をつくような刺激臭もありません。粘度が高いので、肌が弱い子はパッチテストを行いましょう。

 

 

チェックマーク拭き取るもの(必須)

ワンちゃんの耳の汚れを拭き取るために、コットンまたはガーゼを用意しましょう。耳を傷つけない、肌触りの良いものを選んであげてください。

 

 

チェックマーク綿棒(あると便利)

綿棒は耳の穴の奥を掃除するためではなく、耳の穴の入口周辺のお手入れに使用します。綿棒を耳の穴に入れると、汚れを奥に押し込んでしまうので注意してください。コットンなどでは拭き取りにくい、シワ部分の細かい汚れを綿棒で取ってあげましょう。

 

 

チェックマーク鉗子(かんし)またはピンセット(あると便利)

鉗子(かんし)またはピンセットでガーゼの厚さを調整して汚れを取ってあげましょう。綿棒でもできる作業なので、飼い主さんがやりやすい方を使用してください。綿棒同様、耳の中に入れるのは汚れを奥に押し込むことになるので止めましょう。

ワンちゃんが耳掃除を嫌がるときにはどうすればいい?

反抗的な表情の犬

 

ワンちゃんが耳掃除を嫌がるきっかけとなるのが、洗浄液の1滴目です。耳にポタッと入る洗浄液にビックリしてしまう子が多いので、初めてのときは、1人がワンちゃんの頭を固定して、もう1人は体をしっかりと抱き抱えてあげていると安心してくれます。洗浄液を耳に入れるときには、ワンちゃんにやさしく声掛けをしてあげましょう。

 

 

大人しくお利口にできたら、しっかりと褒めてあげてください。ワンちゃんにとって初めてのことは、不安でいっぱいですが、飼い主さんに褒められ、おやつを貰えると「耳掃除をするとおやつが貰える」とインプットされるので、ワンちゃんも頑張ってくれます。

 

●2人でワンちゃんの頭と体を固定して安心させる
●ノンアルコールの洗浄液を選ぶ
●洗浄液は人肌に温めて使用する
●お利口にできたらしっかり褒めておやつをあげる

ワンちゃんの耳掃除をするときの注意点

ごろんと横になって耳掃除をして貰っている犬

 

ワンちゃんの耳掃除は頻繁に行い過ぎると皮膚が傷ついて炎症を起こす可能性があるため、垂れ耳のワンちゃんは1週間〜10日に1回、立ち耳のワンちゃんは2週間に1回の頻度を目安に行いましょう。ワンちゃんの耳掃除で気を付けることは、力加減です。ガーゼまたは綿棒に洗浄液を付けて耳掃除を行いますが、力任せにゴシゴシするのは皮膚が傷つくので止めてください

 

 

また、綿棒を耳の穴に入れるのも、汚れを押し込むことになるのでNGです。トリミングでワンちゃんの耳の毛をスッキリと抜いてしまうカットをされることがありますが、耳の毛は埃や虫の侵入を防ぐ役割を果たし、汚れから守ってくれています。病気治療の一環で一時的に耳の毛を抜くとき以外には、耳の毛は残しておいた方が良いです。

 

●ガーゼで汚れを拭き取るときに力を入れすぎない
●耳の穴の中に綿棒は入れない
●耳の毛は残しておく
●耳掃除の頻度は1〜2週間に1回

 

ワンちゃんの耳掃除をするのが不安な飼い主さんは、動物病院またはトリマーさんにコツを教えて貰うと良いでしょう。