皮膚病のワンちゃんのドッグフード選びで注意することは?

甘えるしぐさの犬

 

ワンちゃんがいつも体を痒そうにしている場合、それは皮膚病のサインかもしれません。ワンちゃんにとって皮膚病は身近な病気の一つに挙げられます。皮膚病は、遺伝や感染だけでなく、環境や季節などさまざまな原因で引き起こります。

 

 

中には免疫力の低下・皮膚のバリア機能に関わる皮膚病もあるので、飼い主さんができる対策方法を把握しておくことが大切です。ここでは、ワンちゃんの皮膚病の原因や種類、ドッグフードの選び方や皮膚病のワンちゃんにおすすめのドッグフードをご紹介します。

 

アレルギーを持つワンちゃんのドッグフード選びのポイントは3つ!

テーブルの上のドッグフードを見つめる犬

 

@グレイン(穀物)フリーのドッグフードを選ぶ

肉食のワンちゃんにとって、とうもろこし・小麦・米などの穀物は食べることはできますが、消化・吸収が悪い苦手な食材です。穀物の中にはアレルギーを誘発するものもあります。皮膚病が気になるワンちゃんにはグレイン(穀物)フリーのドッグフードを選んであげましょう。

 

A高品質なドッグフードを選ぶ

「ミール」「○○肉副産物」などの質の悪い肉が使用されているドッグフードは、ワンちゃんにとって消化・吸収が悪く栄養が不足しがちです。これらの中には羽・ヒズメなどの部位も含まれているので「チキン生肉」「乾燥チキン」など、肉部分のみを使用した高品質なドッグフードを選びましょう。

 

Bオメガ3・オメガ6が配合されたドッグフードを選ぶ

魚に多く含まれるEPAは血液サラサラ効果で、毛細血管の隅々まで栄養が届くようになります。また、免疫力の向上や消化器官の働きをサポートするなど、ワンちゃんの皮膚病の予防・対策にも期待ができる成分です。オメガ3・オメガ6は魚に多く含まれるので、魚が使用されているドッグフードを選んであげましょう。

 

皮膚病のワンちゃんにおすすめのドッグフードを比較してみました!

ドッグフード名 グレイン(穀物)フリー 肉材料の質 オメガ3・オメガ6
モグワン 1.29%・1.6%
ファインペッツ極 1.90%・3.60%
オリジン 1.10%・3.00%
カナガン 0.90%・2.80%
ネルソンズ 0.24%・2.20%
アカナ 0.80%・1.60%
ナチュラルドッグフード 1.51%・3.44%
アーテミス 0.40%・2.40%
ヤラー 0.40%・2.40%
ロイヤルカナン × 0.57%・2.93%
ニュートロナチュラルチョイス × ×

【3選】皮膚病のワンちゃんにおすすめのドッグフードランキング

モグワン

モグワンドッグフード

 

原材料

チキン&サーモン56%(生サーモン12%・乾燥チキン12%・
乾燥サーモン7%・チキングレイビー2%・サーモンオイル2%)
サツマイモ・エンドウ豆・レンズ豆・ひよこ豆

内容量 1.8kg
原産国 イギリス
通常価格(税抜) 3,960円
定期購入(税抜)

1袋10%オフ 3,564円
2袋15%オフ 3,366円
3袋20%オフ 3,168円

送料 通常640円 3袋以上(10,000円以上)無料

 

モグワンは、メインのチキン&サーモンが50%以上使用された、グレインフリー(穀物不使用)のドッグフードです。オメガ3・オメガ6も豊富に含まれ、メイン以外の40%は野菜・果物と栄養バランスが良いので、皮膚病が気になるワンちゃんには特におすすめです。乳酸菌・酵母も含まれ、タンパク質も高すぎないのでお腹が弱い子にも安心です。

 

ファインペッツ極

ファインペッツ極ドッグフード

 

原材料

フランス産アヒル肉・グリーンピース・鶏脂・
乾燥ポテト・オランダ産乾燥ニシン肉・全卵・
アルファルファ・イナゴマメ

内容量 1.5kg
原産国 オランダ
通常料金(税込) 5,701円
お試しパック(税込) 初回限定1,080円
送料 3kg以上は無料

 

ファインペッツ極はフランス産のアヒル肉・オランダ産の乾燥ニシン肉が使用された100%グレイン(穀物)フリーのドッグフードです。オメガ3・オメガ6も多く含まれているので皮膚病が気になるワンちゃんにはおすすめですが、タンパク質が36%と高いため、お腹が弱い子は下痢をする場合もあります。切り替えるときには少しずつ量を増やしていきましょう。

 

オリジン

オリジンドッグフード

 

原材料

新鮮鶏肉・新鮮七面鳥鶏肉・新鮮イエローテイルカレイ・
新鮮全卵・新鮮丸ごと大西洋サバ・新鮮鶏レバー・
新鮮七面鳥レバー・新鮮鶏心臓・新鮮七面鳥心臓

内容量 2kg
原産国 アメリカ
通常価格(税込) 6,480円

 

オリジンは肉や魚を約80%も使用したグレイン(穀物)フリーのドッグフードです。食材は契約農家から仕入れるなどのこだわりで安心安全ですが、タンパク質が38%と高いのでお腹が弱いワンちゃんは下痢をする場合があります。オメガ3・オメガ6も多く含まれるので皮膚病対策には適しているので、少なめの量からゆっくり切り替えてあげましょう。

ワンちゃんの皮膚病の種類・原因は?うつる可能性はあるの?

皮膚が痒そうな犬

 

他の犬や猫などの動物にうつる可能性があるのは、皮膚病の原因が寄生・感染です。その皮膚病にもよりますが、皮膚の痒みの症状が見られるのが特徴です。そのまま様子を見て治る皮膚病もありますが、つらい痒みを軽減させてあげるためにも、動物病院を受診して薬を処方してもらいましょう。痒みが続くと掻き毟ってしまい、皮膚を傷つけてしまいます。

 

病名 原因 うつる可能性
アトピー性皮膚炎 遺伝・皮膚バリアの低下・アレルゲンの摂取 なし
食品アレルギー アレルゲンの摂取 なし
接触アレルギー アトピー性皮膚炎・アレルゲンとの接触 なし
ノミ皮膚炎 外出時の感染・感染動物との接触 あり(猫・人にもうつる)
ツメダニ皮膚炎 外出時の感染・感染動物との接触 あり(猫・人にもうつる)
毛包虫症 遺伝・ホルモン異常・免疫低下 なし
マダニ症 外出時の感染・感染動物との接触 △(吸血中はうつらない)
ハエウジ症 傷口の放置・屋外飼育 △(人に寄生する種類あり)
舐性皮膚炎 ストレス・アレルギー・甲状腺疾患・脳疾患 なし
膿皮症 体調不良・細菌バランスの乱れ・免疫低下 なし
脂漏症 遺伝・アレルギー・ホルモン異常・免疫低下 なし
ホルモン性脱毛症 ホルモン異常 なし
疥癬 感染動物との接触・ブラシの共有 あり(人にもうつる)
白癬 感染動物との接触・免疫低下 あり
皮膚糸状菌症 感染動物との接触・免疫低下 あり(人にもうつる)

ワンちゃんの皮膚病はどんな症状があらわれるの?

口元に吹き出物ができている犬

 

ワンちゃんの皮膚病は痒みを伴うものがほとんどです。ワンちゃんは痒みを我慢できずに掻き毟ってしまい、皮膚に傷をつけて出血してしまうことも少なくありません。皮膚が傷つくと、傷口からハエウジ症や接触アレルギーのリスクが高くなってしまいます。

 

 

また、免疫力が低下し、精神的にもストレスが溜まっていくので、ワンちゃんが体を痒がっているときには早めに動物病院を受診し、治療をすることが大切です。

 

病名 主な症状
アトピー性皮膚炎 痒み・乾燥・ただれ・膿皮症・外耳炎・結膜炎・患部を舐める
食品アレルギー 痒み・下痢・嘔吐・発熱・消化不良・外耳炎・膿皮症・お腹が鳴る
接触アレルギー 痒み・赤み
ノミ皮膚炎 痒み・発疹・脱毛・貧血(重症の場合)
ツメダニ皮膚炎 痒み・フケ・かさぶた・ただれ
毛包虫症 赤み・ただれ・フケ・脱毛・膿皮症・膿疱
マダニ症 痒み・痛み・ダニからの感染症・貧血(重症の場合)
ハエウジ症 化膿・膿っぽい臭い・不眠・腫瘍
舐性皮膚炎 炎症・脱毛・皮がめくれる・同じ箇所を執拗に舐める
膿皮症 痒み・痛み・炎症・脱毛・膿・かさぶた
脂漏症 ホルモン異常・アレルギー・免疫低下・遺伝
ホルモン性脱毛症 痒み・フケ・発疹・脱毛・カビ臭・被毛のべたつき・紅斑・外耳炎
疥癬 痒み・耳を痒がる・フケ・発疹・かさぶた
白癬 円形脱毛・かさぶた・爪の変形・爪の炎症・脂漏症
皮膚糸状菌症 痒み・フケ・円形脱毛・かさぶた

ワンちゃんの皮膚が黒い場合、どんな皮膚病が考えられる?

伏せをしている真っ黒な犬

 

ワンちゃんの皮膚がいきなり黒くなることはありませんが、皮膚が炎症を起こしている場合、時間が経つにつれて黒ずんでくることがあります。皮膚が黒ずむ前には、痒み・フケ・脱毛など、何かしらの症状が出ているはずなので、早めに動物病院を受診して治療を行いましょう。

 

患部の色 考えられる皮膚病
赤みがある ノミ・アトピー・アレルギー・ツメダニ皮膚炎・毛包虫症・膿皮症・脂漏症・疥癬
黄色がかっている 肝臓疾患
黒ずんでいる 赤みがある皮膚病が進行して掻き毟った状態

ワンちゃんの皮膚にかさぶたがある場合、どんな皮膚病が考えられる?

しょんぼりして下を向く犬

 

ワンちゃんの皮膚にかさぶたができる皮膚病の多くは、細菌やダニによるものです。ワンちゃんが痒みを我慢できずに掻き毟ってしまい「患部が脱毛⇒出血⇒かさぶた」となるケースがほとんどです。放っておくと皮膚が悪化してしまいます。自然治癒は望めないので、早めに動物病院を受診して治療を行いましょう。

 

かさぶたができる皮膚病 その他の症状
ツメダニ皮膚炎 痒み・フケ・ただれ
膿皮症 痒み・痛み・炎症・脱毛・膿
疥癬 痒み・耳を痒がる・フケ・発疹
白癬 円形脱毛・爪の変形・爪の炎症・脂漏症
天疱瘡(てんぽうそう) 脱毛・紅斑・膿疱・びらん・鼻の色素脱失
多発性筋炎 皮膚炎・脱毛・筋肉の萎縮・成長が遅い・食事が遅い・不妊

ワンちゃんの皮膚病に効果的な薬はどれ?

犬の薬

 

ワンちゃんの皮膚病の薬は、経口薬や塗り薬があります。皮膚病の場合は原因の特定がしやすいので、症状に合った薬を正しく使用することで早期改善が期待できます。インターネットで個人輸入できるものもありますが、まずは動物病院を受診し、薬を処方してもらうことをおすすめします。

 

ワンちゃんの皮膚病の薬 用途
アイチュミューン アトピー性皮膚炎・疥癬
アシエンロ 細菌性皮膚炎
アトピカ アトピー性皮膚炎・疥癬
アトペックス アトピー性皮膚炎
アポクエル アレルギー性皮膚炎に伴う痒み・赤み・腫れ
アンチバイオティックローション アレルギー性皮膚炎・湿疹・細菌性皮膚炎・外耳炎
イリウム・ネオコートクリーム 細菌性皮膚炎に伴う痒み・赤み・腫れ
ペルマイトクリーム 疥癬・ヒゼンダニ

皮膚病のワンちゃんにおすすめのシャンプーは?

泡風呂に入っている犬

 

皮膚病のワンちゃんにおすすめのシャンプーも、その症状によって異なります。個人輸入できるシャンプーは安く購入できるのがメリットですが、使用においては自己責任となるため、まずは動物病院を受診してワンちゃんの皮膚病の原因が分かった上で選びましょう。ミコテックスシャンプーはマラセチア皮膚炎治療に使われる薬用シャンプーで病院でも処方されています。

 

皮膚病のワンちゃんにおすすめのシャンプー 用途
ヴェットセブシャンプー 痒み止め・消毒・防カビ・抗菌・角質溶解
オーガニック抗バクテリアシャンプー 酵母菌・白癬・バクテリア
ニゾラル2%抗脂漏症シャンプー 脂漏性皮膚炎・酵母菌・皮膚糸状菌症・クッシング症候群
ミコナゾールシャンプー 白癬・マセラチア皮膚炎
ミコテックスシャンプー 細菌・白癬・皮膚感染症の予防