ワンちゃんの目やにの原因&ケア

犬の片目のアップ

 

ワンちゃんの目に、目やにがついていることがありますよね。目やは、目の表面や眼球に付着した埃・皮脂腺の分泌液などが固まってできたもので、健康なワンちゃんに目やにがあることも珍しくありません。

 

 

ただ、目やにが大量に出ていたり、緑色や黄色だったり、臭いがある場合には何かしらの病気のサインである可能性があります。ここでは、ワンちゃんの目やにで考えられる病気や正しいケア方法、原因について詳しくご紹介します。

ワンちゃんの目やにで考えられる病気とは?

白い犬の目のアップ

 

ワンちゃんの目やにの色で考えられる病気は何?

目やにの色・特徴 考えられる病気
透明・涙の量が多い 流涙症・結膜炎
黄色っぽい ウイルス感染
黄色・粘度が高い目やに ドライアイ
黄色・湿った目やに ドライアイ・結膜炎
緑色 細菌感染(?)
茶色・グレー・黒 なし(多量の場合は病気の可能性あり)

 

ワンちゃんの目やにが茶色・グレー・黒の場合は、埃や分泌液が固まったものなので問題はありません。ただ、目やに以外に、ワンちゃんの目が充血したり、痒そうにしているときには注意が必要です。

 

 

また、顔の毛が長いと目に入ってしまい、傷が付いたり、涙が増えて目やにが増える原因になるので、特に目の周りの毛はスッキリとカットしてあげましょう。ワンちゃんの目やにが緑色や黄色のときには目の病気であることが考えられるので、早めに動物病院を受診してください。

 

健康なワンちゃんの目やにの量はどれくらいなの?

犬種にもよるので一概にはいえませんが、ワンちゃんの目頭や目もとに少量付いているくらいの目やにであれば特に問題はありません。寝起きなどに付いている目やにを1日1回程度拭き取ってあげている分には心配はいらないでしょう。ただ、拭き取りが1時間に1回だったり、目やにの量が大量で目が開かなくなるなどの症状が見られる場合には、早めに動物病院を受診してください。

 

ワンちゃんの目やにが臭い場合は病気なの?

ワンちゃんの目やには、基本的には無臭です。目やにが臭いと感じるのは、目の周りの毛に付いた涙が菌のエサとなり、繁殖したのが原因です。菌の繁殖を防ぐには涙が乾いてしまう前拭き取るか、涙やけ(流涙症)の状態であれば、こまめなケアを行うことで改善されてきます。

●定期的なトリミング
●ホウ酸水で拭う
●目薬で汚れを落とす
●十分な水分補給をする

ワンちゃんの片目だけに目やにがある場合に考えられる病気は?

片目をつぶっている犬

 

ワンちゃんの片目だけに目やにが出る場合は、逆さマツ毛・炎症・異物の混入などが考えられますが、一概にはいえません。ワンちゃんの目やにが片目だけであっても、涙の量・目の充血・瞼・瞳孔など、目全体の状態がどうであるかを確認する必要があります。例え、ワンちゃんの目やにが片目だけであっても、色・臭いをチェックし、早めに動物病院で診察を受けましょう。

ワンちゃんに目やにと充血がある場合に考えられる病気は?

目が充血している犬

 

ワンちゃんは興奮しただけでも目が充血することがあります。ワンちゃんに目やにと充血がある場合、まずは目が充血する前に激しい運動や興奮状態になかったかをチェックしましょう。また、目に異物が混入していないかも確認してみてください。

 

 

すぐに充血が引けば問題はありませんが、目やにと充血が翌日も続くようであれば、早めに動物病院を受診しましょう。異物の混入が原因である場合も、早期治療が必要です。万が一、感染症が原因である場合も早期発見・早期治療をすることが完治も早いので、素人判断は止めましょう。

ワンちゃんの目やにの原因は何?

リボンを付けて生き生きした表情の犬

 

原因(病名) 目やに以外の症状
逆さマツ毛 マツ毛が眼球に向かって生える・涙の量が増える
ドライアイ 涙の量が減る・角膜に穴が開く・瞼が張り付く
角膜炎 炎症で涙の量が増える・角膜が白くなる・瞬きが増える・痛み
結膜炎 炎症で涙の量が増える・瞬きが増える・眼球の腫れ・白目の充血
眼瞼外反(内反)症 下瞼が外側(内側)に反る・炎症で涙の量が増える・瞬きが増える・痛み
チェリーアイ 眼球を保護する瞬膜が炎症を起こす・痛み・結膜炎
角膜裂傷 角膜に傷が付く・角膜のゆがみ・炎症で涙が増える・瞬きが増える・痛み
緑内障 眼圧が上がる・眼球が飛び出る・角膜炎・結膜炎
ぶどう膜炎 瞳孔が縮む・涙の量が増える・虹彩の変形・角膜の裏が濁る
マイボーム腺腫 マツ毛の根元にある分泌腺に良性の腫瘍
ジステンパー 涙の量が減る・角膜炎・結膜炎・嘔吐・下痢・咳・くしゃみ

 

チェックマーク目やにが出やすい犬種

シーズー・チワワ・マルチーズ・ヨークシャーテリア・トイプードル・コリー・パグ・ペキニーズ・ジャーマンシェパード・ミニチュアシュナウザー・ボストンテリア・シベリアンハスキー・ブルドッグ・ゴールデンレトリバー

 

ワンちゃんの目やにが増えるのは、さまざまな病気のサインである可能性があります。目やにの量がいつもより多かったり、ワンちゃんが目元を気にする素振りを見せている場合には、素人判断はせずに早めに動物病院で診察を受けましょう。

ワンちゃんの目やにの正しい取り方は?

目やにを拭いて貰っている犬

 

湿っている目やにの正しい取り方

湿っている目やにの場合、目頭や目尻に付いている分は手でも簡単に取ることができますが、眼球に付いている分は取ってあげることができませんよね。眼球に目やにが付いている場合には、目薬またはガーゼを使用しまょう。目薬を使う場合は、ワンちゃんの目尻からさして目やにを流し取ります。ガーゼを使う場合は、4つ折りして角をそっと目やにに当てて取ります。

 

 

ただ、目にガーゼの角が近づくとワンちゃんが怖がる場合があるので、日頃からスキンシップがとれていないと難しいかもしれません。ガーゼがなければ、ティッシュでも代用できます。眼球に傷がつかないように、目やにだけに当たるように注意してください。

 

カピカピになった目やにの正しい取り方

カピカピに乾いた目やにの場合は、無理に取ろうとすると毛も一緒に抜けてしまうので注意が必要です。カピカピになった目やにを取るときには、ぬるま湯で濡らしたガーゼまたはティッシュを使用しましょう。日頃からシャワーやお風呂に入る習慣のあるワンちゃんは、そのときに目やにをふやかして取ってあげるのも良いでしょう。

 

 

カピカピの目やにの場合は、十分にふやかして取るのがコツです。目やにが十分にふやけたら、軟らかいタオルやコームなどを使ってやさしく取ってあげましょう。

ワンちゃんの目やにに目薬は効果あり?正しいさし方は?

目薬をさされている犬

 

ワンちゃんが目のトラブルや病気を発症した場合には、目薬で様子を見ることが多いのですが、一概に「効果がある」とはいえません。

 

 

ワンちゃんの目のトラブルの原因が特定されて目薬が処方されている場合は効果は期待できますが、原因が分からない場合にはその場しのぎにしかならないようです。ワンちゃんの目やになど、目のトラブルがある場合には、動物病院を受診して原因を特定し、症状に合った治療を行うことが大切です。

 

 

また、ワンちゃんの中には、目薬を嫌がる子もいます。ワンちゃんは、鼻を掴まれたり、正面から目薬をさそうとすると嫌がって逃げ出してしまいます。これらの行動は、ワンちゃんが苦手とすることなので逃げ出したとしても当然だといえます。ワンちゃんに目薬をさすときのポイントは後ろから、目薬を見せずに行うことです。

 

@後ろ向きにお座りをさせる
A飼い主さんの片手におやつを持つ
A手に持ったおやつに注意を引き、ワンちゃんを上向きにさせる
B目薬を持った手をワンちゃんの頭に置く
C目薬の先端をワンちゃんの目尻に近づけてさす
Dしばらくそのままの状態で目薬を行き渡らせる

 

ワンちゃんの意識はおやつにあり、後ろから抱え込むようにすると目薬も見えず、鼻を掴まれることもないので、上手く目薬をさせるでしょう。お座りが難しい子は、伏せでも大丈夫です。「待て」ができるワンちゃんであれば、ほとんどの場合が簡単に目薬がさせますよ。