ワンちゃんは風邪をひくの?

氷のうを頭に乗せて体温計をくわえている犬

 

ワンちゃんに鼻水や咳といった症状が見られると「風邪をひいた?」と飼い主さんは心配になると思います。しかし、ワンちゃんには人でいう「風邪」という病気はありません。つまり、ワンちゃんにも鼻水・咳・発熱といった人でいう風邪のような症状は見られますが、風邪をひいたわけではないということです。

 

 

ワンちゃんに風邪のような症状が見られる場合は、ウイルスや細菌性の病気が原因と考えられます。人でいう、風邪と思って検査をしたら、インフルエンザウイルスに感染していたというようなものです。その場合の病名が「インフルエンザ」となるように、ワンちゃんの場合も特定のウイルスや細菌に感染しているということです。

 

 

ウイルスや細菌の中には重篤化するものもあるため、ワンちゃんに風邪のような症状が見られたときには、すぐに病院で検査を受けましょう。

ワンちゃんの風邪は人にもうつるの?

飼い主とお揃いのスリッパを履く犬

 

ワンちゃんには風邪という病気はありません。「ワンちゃんは風邪をひくの?」でもあるように、ワンちゃんの鼻水や咳といった風邪のような症状はウイルスや細菌に感染しているから起こるものです。基本的に、ワンちゃんの風邪のような症状が人へうつることはありません。反対に、人からワンちゃんへうつることもありません。

 

 

一部では、マダニから人へ感染する「ライム病」「日本紅斑熱」は頭痛・発熱といったインフルエンザに似た症状がありますが、これらも唾液や空気感染することはありません。ただ、ワンちゃんからワンちゃんへうつる病気は存在するので、多頭飼いしている飼い主さんは注意が必要です。散歩やドッグランなど、他のワンちゃんと触れ合う場所にも気を付けましょう。

ワンちゃんの風邪はどんな症状?他に考えられる病気は?

氷のうを頭に乗せて不安そうな表情の犬

 

風邪と似ている症状 考えられる病気
発熱 ジステンパー・イヌ伝染性肝炎・ケンネルコフ・レプトスピラ症・肺炎・心筋症・心内膜炎・乳腺炎・膀胱炎・前立腺炎
ジステンパー・ケンネルコフ・フィラリア症・咽頭炎・気管支炎・気管虚脱・喘息・肺炎・肺水腫・食道アカラシア・心筋炎・血管肉腫・悪性リンパ腫
鼻水・くしゃみ ジステンパー・イヌ伝染性肝炎・ケンネルコフ・鼻炎・副鼻腔炎・肺炎
発熱+咳+鼻水・くしゃみ ジステンパー・ケンネルコフ・肺炎
目やに ジステンパー・結膜炎・角膜炎・鼻炎・副鼻腔炎

 

一概にはいえませんが、ここでは風邪と似た症状がある場合に考えられる病気についてまとめてみました。上記の病気は、風邪に似た症状以外にも、元気がない・散歩を嫌がる・むくみ・喉の渇き・腹水・息切れなど、普段と違う症状が見られることもあるので、ワンちゃんの様子をしっかりと観察することが大切です。

 

 

埃などでくしゃみが出る場合はアレルギーが原因で、上記のような病気ではないと思われますが、鼻水や咳などの症状が見られるときには、できるだけ早く動物病院の診察を受けましょう。

ワンちゃんが風邪をひく原因は?

毛布から顔だけ出して寝ている犬

 

「ワンちゃんは風邪をひくの?」でもあるように、ワンちゃんに風邪という病気はありません。鼻水・咳・発熱といった風邪のような症状は見られますが、それはウイルスや細菌などによるものです。ウイルスや細菌以外には、他の病気が原因で風邪のような症状があらわれることがあります。

 

ウイルス・細菌・寄生虫感染が原因 その他の疾患が原因
ジステンパー・イヌ伝染性肝炎・ケンネルコフ・レプトスピラ症・フィラリア症・鼻炎・気管支炎・肺炎・心内膜炎・心筋炎・膀胱炎 咽頭炎・気管虚脱・喘息・肺水腫・食道アカラシア・乳腺炎・前立腺炎・血管肉腫・悪性リンパ腫

 

上記に挙げたのは一般的な例なので、すべてがそう当てはまるわけではありません。例えば「気管支炎」は感染症以外にも、誤飲などが原因で起こることもあります。一般的に多い原因をまとめているので、参考程度にしてください。

ワンちゃんの風邪予防・対策方法とは?

ニットの帽子とマフラーをしている犬

 

ワンちゃんの風邪のような症状を予防するためにはワクチン接種が効果的です。ウイルス・細菌・寄生虫が原因で風邪のような症状が見られる病気に関しては、定期的にワクチンを接種することで感染を防ぐことができます

 

風邪と似ている症状の病気 備考
ジステンパー ワクチンが有効
イヌ伝染性肝炎 ワクチンが有効
ケンネルコフ ワクチンが有効
レプトスピラ症 ワクチンが有効
フィラリア症 予防薬が有効
鼻炎 ジステンパーやケンネルコフに有効
気管支炎 ケンネルコフやフィラリア症に有効
肺炎 ジステンパーやケンネルコフに有効
心筋炎 ジステンパーやパルボウイルスに有効

 

備考に「ワクチンが有効」「予防薬が有効」とあるのは、ワクチンや予防薬が病気そのものに効果があるということです。また「〇〇に有効」とあるのは「〇〇が原因でその病気になる可能性があるため、ワクチンで○○を予防できる」ということです。

 

 

例えば、鼻炎はジステンパーやケンネルコフが原因で起こることがありますが、ジステンパーやケンネルコフに有効なワクチンをすることで鼻炎の予防ができるということです。ウイルスや細菌の感染が原因で発症する病気に関してはワクチンで予防できるので、定期的に受けるようにしましょう。

ワンちゃんが人間用の風邪薬を飲んでしまった時の対処方法

ケースから出ている薬を離れたところから見る犬

 

ワンちゃんが人間用の風邪薬を誤飲してしまったときには、無理に吐かせたりせずにすぐに動物病院へ連れて行ってください。そのときには、誤飲してしまった薬の成分が分かる箱か説明書を持参しましょう。人間にとっては薬でも、ワンちゃんにとっては毒となってしまい、中には中毒症状を起こして危険な状態になることもあります。

 

 

オキシドール溶液で嘔吐を促す応急処置もありますが、それよりも一刻も早く診察を受けた方が安心です。素人には応急処置も難しいので、掛かりつけの動物病院に連れていくのが一番です。夜間の場合は掛かりつけの動物病院に電話して指示を仰ぐか、夜間診療を行っている動物病院で診てもらいましょう。