ワンちゃんのアレルギー予防対策のドッグフード選びで注意することは?

花に恐る恐る鼻を近づける犬

 

近年ではワンちゃんも人と同じように、さまざまなアレルギーがあることが分かってきました。「体をいつも痒そうにしている」「抜け毛がひどい」「口の周り・目の周りの毛が抜けている」「皮膚が黒ずんでいる」などの症状がある場合にはアレルギーかもしれません。

 

 

ただ、ワンちゃんのアレルギーの原因は遺伝・ストレス・ノミなどさまざまですが、大きく分けると「食物アレルギー」と「接触アレルギー」の2種類です。ワンちゃんのアレルギーを改善するためには、アレルゲンを避けることが一番効果的ですが、毎日食べるドッグフードを見直すことでも体質改善に繋がります

 

 

消化・吸収に優れた高品質なドッグフードはワンちゃんの免疫力を高め、皮膚のバリア機能も向上させていきます。ここでは、アレルギーの予防対策におすすめのドッグフードの選び方やおすすめのドッグフードをご紹介します。

 

ワンちゃんのアレルギーの原因でもある糖尿病を予防するドッグフード選びのポイントは3つ!

ドッグフードを不安気に見つめる犬

 

@グレイン(穀物)フリーのドッグフードを選ぶ

肉食のワンちゃんにとって、とうもろこし・小麦・米などの穀物は消化が悪いだけでなく、アレルギーを誘発しやすいことが確認されています。穀物アレルギーを発症している場合は、100%グレイン(穀物)フリーのドッグフードに切り替えるだけでアレルギーの症状が改善されるケースもあります。

 

A消化・吸収の良いドッグフ-ドを選ぶ

「4Dミール」「〇〇肉副産物」といった質の悪い材料が使用されているドッグフードは、ワンちゃんにとって消化・吸収が悪く、添加物などでアレルギーを誘発されるケースも多く見られます。アレルギーを予防するためには「〇〇生肉」「乾燥○○肉」といった、質の良い肉部分のみを使用したドッグフードを選んであげましょう。

 

B整腸作用のある原材料が使用されているドッグフードを選ぶ

ワンちゃんのアレルギー対策の一つとして、腸内環境を整える成分が使用されているドッグフードがおすすめです。最近は、オリゴ糖・乳酸菌・酵母といった整腸効果が期待できる成分が使用されているドッグフードも増えてきました。ドッグフードに含まれてない場合は、少量のヨーグルトなどを与えるのも良いでしょう。

 

ワンちゃんのアレルギー予防対策におすすめのドッグフードを比較してみました!

ドッグフード名 グレイン(穀物)フリー 肉材料の質 整腸作用のある食材
モグワン さつまいも・豆類・海藻・乳酸菌
オリジン 豆類・昆布
アカナ 豆類・腸球菌
カナガン さつまいも・海藻・オリゴ糖
ファインペッツ極 グリーンピース
ネルソンズ さつまいも・グリーンピース
ナチュラルドッグフード 大麦・ビール酵母・テンサイ
アーテミス ラクトバチルスアシドフィルス
ヤラー グリーンピース
ロイヤルカナン × フラクトオリゴ糖
ニュートロナチュラルチョイス × ×

【3選】ワンちゃんのアレルギー予防対策におすすめのドッグフードランキング

モグワン

モグワンドッグフード

 

原材料

チキン&サーモン56%(生サーモン12%・乾燥チキン12%・
乾燥サーモン7%・チキングレイビー2%・サーモンオイル2%)
サツマイモ・エンドウ豆・レンズ豆・ひよこ豆

内容量 1.8kg
原産国 イギリス
通常価格(税抜) 3,960円
定期購入(税抜) 1袋10%オフ 3,564円
送料 通常640円 3袋以上(10,000円以上)無料

 

モグワンはチキン&サーモン53%も使用された100%グレイン(穀物)フリーのドッグフードです。チキンとサーモンは、それぞれ生・乾燥の状態で使用されています。メイン以外の40%は野菜・果物と栄養バランスが良く、海藻・乳酸菌など整腸作用のある成分も含まれているので、食物アレルギーが気になるワンちゃんにおすすめです。

 

オリジン

オリジンドッグフード

 

原材料

新鮮鶏肉・新鮮七面鳥鶏肉・新鮮イエローテイルカレイ・
新鮮全卵・新鮮丸ごと大西洋サバ・新鮮鶏レバー・
新鮮七面鳥レバー・新鮮鶏心臓・新鮮七面鳥心臓

内容量 2kg
原産国 アメリカ
通常価格(税込) 6,480円

 

オリジンは、肉・魚85%、フルーツ・野菜15%、グレイン(穀物)フリーの「高タンパク質・低炭水化物・穀物ゼロ」がコンセプトのドッグフードです。メイン材料が違うタイプもあるので、アレルゲンが特定されているワンちゃんには選びやすいのが嬉しいところですが、タンパク質が高いのでお腹が弱い子は下痢をすることがあるため、様子を見ながら切り替えていきましょう。

 

アカナ

アカナドッグフード

 

原材料

新鮮鶏肉・鶏肉ミール・七面鳥肉ミール・赤レンズ豆・
丸ごとグリンピース・新鮮鶏臓器(レバー・ハツ・腎臓)

内容量 2kg
原産国 カナダ
通常価格(税込) 5,400円
キャンペーン価格(税込) 25%オフ 4,050円
送料 2,500円以上は無料

 

アカナも消化・吸収が良い100%グレイン(穀物)フリーのドッグフードです。チキンの肉部分とレバーなどの臓器部分をメインに50%、残りは野菜と果物なので栄養バランスも優れています。ラム・鴨・イワシなど、メインの原材料の種類も豊富なので、食物アレルギーがあるワンちゃんにおすすめです。高タンパク質・低カロリーなので、糖尿病予防にも適しています。

ワンちゃんのアレルギーはどんな症状が出るの?原因は何?

マスクをしてうなだれる犬

 

チェックマークワンちゃんのアレルギーの症状

●体を痒がる
●必要以上に手や足を舐める
●顔・手足の先・耳などが赤くなっている
●目の充血・痒み
●フケが多く出る
●くしゃみ・咳

 

ワンちゃんのアレルギー症状も人と同じで、痒みを伴うことが多く見られます。そのまま気付かずに放置しておくとアレルギー症状が悪化し、下痢・嘔吐・呼吸困難などを引き起こすこともあるので、飼い主さんがワンちゃんの様子をいつも気にかけておくことが大切です。

 

 

ワンちゃんのアレルギーは、食物アレルギー・接触アレルギー・アトピー性皮膚炎・ノミアレルギーなど、その種類はさまざまです。アレルギー症状が見られる場合には、動物病院でアレルゲンを特定する検査を受けましょう。アレルゲンを特定することで、効率良く予防対策を行うことができます。

 

 

ワンちゃんは、とうもろこし・大豆・小麦などの穀物やハウスダストでもアレルギーを起こす子が多くいます。穀物以外にも、チキンや魚などでアレルギーを起こす子もいるので、まずはアレルゲンを特定し、グレイン(穀物)フリーで高品質なドッグフードを与え、体質改善していきましょう。

ワンちゃんのアレルギー検査の費用はどれくらいかかるの?

病院で検査を受ける犬

 

検査項目 費用 備考
リンパ球反応検査 20,000〜30,000円 食物アレルギーの検査
IgE血液検査 20,000〜30,000円 一般的なアレルギー検査

 

ワンちゃんのアレルギー検査は、何にアレルギー反応を起こす可能性があるのかが分かります。ただ、人と同じでアレルギー反応が陽性だったからといって、全てに反応しているわけではありません。陽性反応が出たものに対しては過剰に食べたり触れたりしないように注意するといった、一つの指標にしておきましょう。

 

 

また、アレルギー検査を受ける前には、ワンちゃんがどのタイミングでアレルギー反応を示しているかを獣医さんに正しく伝えましょう。

ワンちゃんのアレルギー性皮膚炎にシャンプーは効果があるの?

たらいに入ってシャンプーをする犬

 

ワンちゃんが食物アレルギーである場合には、シャンプーの効果は期待できませんが、花粉・ダニ・ハウスダストなどの接触アレルギーには効果が期待できます。接触アレルギーの場合はアレルゲンが皮膚に付着し、吸収されることで症状が引き起こります。

 

 

チェックマーク接触アレルギーの原因となる物質

花粉・植物・プラスチック・ゴム・洗剤・ノミとり首輪・金属・除草剤・防虫剤・脱臭剤・絨毯など

 

 

被毛が短いワンちゃんは接触アレルギーを起こしやすいので、こまめにシャンプーをし、皮膚の乾燥を予防してあげることで接触アレルギーの発症を抑えることができます。