下痢をしやすいワンちゃんのドッグフード選びで注意することは?

便座の上でトイレットペーパーを体に巻いている犬

 

ワンちゃんが下痢をすると、飼い主さんは心配になりますよね。慌てて動物病院へ連れて行くという人もいらっしゃると思います。一時的なことであれば特に心配ありませんが、慢性的な下痢や何日も続くようであれば、その原因を探る必要があります。

 

 

下痢はワンちゃんが示しやすい体調不良の一つですが、原因は軽度なことから命に関わる病気が潜んでいることもあります。自宅で様子を見ていても良いのか、すぐに病院に連れていくべきかの判断は難しいですが、ワンちゃんが下痢をした場合にはそれ以外に症状はあるのか、いつもと変わった様子はないかなど、しっかりと観察して対策をとることが大切です。

 

下痢をしやすいワンちゃんのドッグフード選びのポイントは3つ!

ドッグフードを前に伏せをしている犬

 

ワンちゃんが下痢を起こすメカニズムはさまざま考えられますが、ドッグフードを食べた直後に下痢をする・お腹が鳴る・体を痒がる・嘔吐するなどの症状が見られる場合、今食べているドッグフードの原材料にアレルギー反応を起こしている可能性があります。

 

 

ワンちゃんの下痢の原因が、食物アレルギーの場合には、アレルゲンをカットすることで症状は改善されます。穀物はワンちゃんにとって消化・吸収が悪く、アレルゲンである可能性がありますが、穀物に限らずチキン・ラム・魚などもアレルゲンとなる子もいるので、気になる場合はアレルギー検査をおすすめします。

 

@グレイン(穀物)フリーのドッグフードを選ぶ

ワンちゃんにとって、とうもろこし・小麦・米などの穀物は消化・吸収が悪く、アレルギーを起こしやすい食材です。下痢を起こしやすいワンちゃんの場合は、100%グレイン(穀物)フリーのドッグフードを選んであげましょう。

 

Aメインとなっている原材料を変えてみる

今食べているドッグフードのメインの原材料を変更してみるのも一つの方法です。先頭に表示されているものが、そのドッグフードの中でもっとも多く使用されているものですが、他の原材料がアレルゲンとなっている可能性もあるため、確実に原因を知るためにも、アレルギー検査を行い、アレルゲンをカットしたものに切り替えるのがべストだといえるでしょう。

 

B低脂質のものに変えてみる

脂質の割合が高いとうんちが緩くなりやすく、下痢になるワンちゃんも見られます。水分含有量にもよりますが、一般的には15%前後、成犬で「1.1g×体重」が脂質の必要量といわれています。

 

下痢をしやすいワンちゃんにおすすめのドッグフードを比較してみました!

ドッグフード名 グレイン(穀物)フリー メイン原材料 脂質の割合
モグワン チキン&サーモン 12.00%
アカナ ラム・鴨・豚・イワシ 15.00%
オリジン チキン・フィッシュ 18.00%
カナガン チキン 17.00%
ネルソンズ チキン 15.00%
ファインペッツ極 アヒル 20.00%
ナチュラルドッグフード ラム 12.00%
アーテミス チキン 15.00%
ヤラー チキン 6.50%
ニュートロナチュラルチョイス × チキン・ラム・鹿・フィッシュ 16.00%
ロイヤルカナン × チキン 12.00%

【3選】下痢をしやすいワンちゃんのおすすめのドッグフードランキング

モグワン

モグワンドッグフード

 

原材料

チキン&サーモン56%(生サーモン12%・乾燥チキン12%・
乾燥サーモン7%・チキングレイビー2%・サーモンオイル2%)
サツマイモ・エンドウ豆・レンズ豆・ひよこ豆

内容量 1.8kg
原産国 イギリス
通常価格(税抜) 3,960円
定期購入(税抜)

1袋10%オフ 3,564円
2袋15%オフ 3,366円
3袋20%オフ 3,168円

送料 通常640円 3袋以上(10,000円以上)無料

 

モグワンは、メインのチキン&サーモンが50%以上使用された、グレインフリー(穀物不使用)のドッグフードです。メインの肉と魚が50%使用されているにも関わらず、脂質が12%と低いので、下痢になりやすいお腹が弱いワンちゃんにも安心して与えられます。モグワンは獣医師の84%が「食べさせたい」と回答しています。

 

アカナ

アカナドッグフード

 

原材料

新鮮鶏肉・鶏肉ミール・七面鳥肉ミール・赤レンズ豆・
丸ごとグリンピース・新鮮鶏臓器(レバー・ハツ・腎臓)

内容量 2kg
原産国 カナダ
通常価格(税込) 5,400円
キャンペーン価格(税込) 25%オフ 4,050円
送料 2,500円以上は無料

 

アカナはグレインフリー(穀物不使用)なので消化・吸収が良く、下痢になりやすいワンちゃんに適したドッグフードです。メインの原材料である肉は50%と高タンパク質、残りは野菜と果物なので栄養バランスにも優れています。脂質の割合は15%、メインの原材料はラム・アヒル・豚・イワシなどから選ぶことができるのも嬉しいところです。

 

オリジン

オリジンドッグフード

 

原材料

新鮮鶏肉・新鮮七面鳥鶏肉・新鮮イエローテイルカレイ・
新鮮全卵・新鮮丸ごと大西洋サバ・新鮮鶏レバー・
新鮮七面鳥レバー・新鮮鶏心臓・新鮮七面鳥心臓

内容量 2kg
原産国 アメリカ
通常価格(税込) 6,480円

 

オリジンは、肉や魚を約80%も使用した、高タンパク質・低炭水化物なグレインフリー(穀物不使用)のドッグフードです。チキンが苦手というワンちゃんでも、フィッシュでしっかりとタンパク質を摂ることができます。脂質は18%と少し高めですが、消化・吸収が良いので下痢をしやすいワンちゃんにおすすめのドッグフードです。

ワンちゃんが下痢をした時の対処方法

ワンちゃんが突然下痢をした場合、飼い主さんは慌ててしまいますよね。何か悪いものを食べたのか、お腹は痛くないのか、すぐ病院に連れていくべきなのか、もう少し様子を見た方が良いのか・・・、とにかく心配で居ても立っても居られないという飼い主さんも多いと思います。ここでは、下痢だけの症状の場合の対処方法についてご紹介います。

 

子犬の場合

カメラ目線の2匹の子犬

 

ワンちゃんの場合、下痢だけの症状であれば重い病気になっている可能性も低いので、特に変わった様子がなければ自宅で様子を見るケースが多いのですが、子犬や小型犬の場合は様子を見ている間に症状が悪化して重篤なケースに陥ることも珍しくありません。生後間もないほど、下痢をした場合には一度診察を受けることをおすすめします。

 

 

また、生後間もない子犬や小型犬は体力もなく胃も小さいので、低血糖を起こしやすいといわれています。もし、絶食・絶飲などで様子を見る場合には、獣医さんの指示を仰いで行うようにしましょう。

 

ワンちゃんが元気な場合

元気に走る犬

 

下痢はするものの、他に変わった様子はなく元気な場合、そのまま様子を見てもいいのか、病院に連れているべきか迷ってしまいますよね。どんなに元気な場合でも、下痢が3日以上続くようならば受診するべきです

 

 

食欲があるうちは様子を見ても良いですが、体力のない子犬や小型犬においては急にぐったりとすることもあります。下痢の原因も、食べ過ぎ・冷え・ストレス・誤飲などさまざまなので、まずはワンちゃんの下痢の原因を探り、2日目も下痢をするときには一度受診されることをおすすめします。

 

ワンちゃんの下痢が止まらない場合

ぐったりしている犬

 

ワンちゃんの下痢が止まらない場合には、絶食をして様子を見るのも一つの対策方法です。

 

●元気がある場合は24時間の絶食
●元気がない場合は12時間の絶食
●水は常に飲めるようにしておく
●翌日からフードをふやかして少量を与える
●フード・水の量は3〜4日かけて元に戻す

 

上記は一般的な絶食ですが「ワンちゃんが下痢をしている場合でも、少量でもフードを与えた方が治りが早い」と考える獣医さんもいます。ワンちゃんの体力や食事量などでも違いはあるため、絶食をして様子を見たい場合には、獣医さんの指導の元行いましょう。

 

 

ただ、当サイトでは、子犬や小型犬の場合、低血糖を引き起こす可能性があるため、絶食はワンちゃんが嘔吐した時に行った方が良いと考えます。

 

下痢止めやビオフェルミンは効果あり?ワンちゃんにあげても大丈夫?

薬を見つめる犬

 

ネットなどで目にされたことがある人も多いと思いますが、ワンちゃんが下痢をしたときに「ビオフェルミン」などの人間の薬を飲ませるという飼い主さんがいらっしゃいます。ビオフェルミンは乳酸菌なので、ワンちゃんの健康に害を及ぼすことはないものの、万が一を考えると人間の薬を与えるのは良くありません

 

 

ビオフェルミンは整腸作用がありますが、下痢を引き起こしている細菌を増やすケースもあります。特に小型犬など、体重が10kgに満たないワンちゃんには、少なめにしたとはいえ、人間の薬が大きな負担になることも考えられます。

 

 

ワンちゃんに薬を飲ませる場合には、犬用の下痢止め「ディアバスター」や「テスミン」を与えましょう。ただ、素人判断で薬を与えるのは心配なので、まずは動物病院で診察を受けることをおすすめします。

ワンちゃんが下痢のときの食事はどうすれば良いの?

空のお皿を前に悲しげな表情の犬

 

@食事療法食を与える

ドッグフードには、ロイヤルカナンの「消化器サポート(高繊維)ドライ」、ヒルズの「消化ケアi/dシリーズ」などの消化に優れた食事療法食があります。ただ、種類が豊富で、ワンちゃんの状態に合ったものを選ぶのはなかなか難しいため、獣医さんに相談されると良いでしょう。

 

 

食事療法食は、通販はもちろん、動物病院でも購入することができます。消化器サポート系は高繊維なので、便を固めるだけでなく、繊維質が腸内細菌のエサとなり、整腸効果が期待できます。

 

A野菜や果物を与える

繊維質が多いサツマイモやリンゴなどは、便を固めて整腸効果が期待できるので、皮つきのままおやつなどに与えてみましょう。蒸したり、輪切りにしたものや、リンゴの場合はすりおろしてあげるのも良いですよ。ただ、体質によっては繊維質が多すぎるとお腹を壊すこともあるので、お腹が弱い子には少量ずつ与えて様子をみてください。

 

B水分量を増やして消化・吸収をサポートする

いつも食べているドッグフードをふやかすなど、水分量を増やすと消化・吸収を助けます。下痢の状態をチェックし、柔らかめのフードから少しずつ通常に戻していきましょう。

ドッグフードでは下痢が改善されない場合の原因とは?

伏せをして上目づかいの犬

 

@病気が潜んでいる下痢

下痢が続くときには、さまざまな病気が潜んでいる可能性があります。例えば、小腸や大腸に異常があったり、慢性肝炎・膵炎の場合にも下痢の症状があらわれます。先天性の疾患が原因であることも考えられるので、下痢が改善されない時には、速やかに病院で診察を受けましょう。

 

Aウィルス・寄生虫などの感染による下痢

ウィルス・寄生虫・感染症などが原因の場合にも、下痢の症状があらわれます。例えば、犬パルボウイルス感染症や犬ジステンパーウイルス感染症は、飛沫・接触感染でも感染してしまいます。ワクチンをしていないワンちゃんや、高齢や他の病気が原因で免疫力が低下しているときには発症するケースがあるので注意が必要です。

 

B生活習慣による下痢

食べ過ぎ・拾い食い・ストレスなど、生活習慣の中で下痢になることも考えられます。ワンちゃんも人間と同じようにストレスを感じます。引越し・運動不足・動物病院・新しい犬や猫との同居など、肉体的・精神的にストレスを受けると下痢を引き起こす原因になるので、ワンちゃんの生活習慣をチェックしてみましょう。

ワンちゃんを病院に連れて行った方が良い下痢の症状とは?

診察されている犬

 

ワンちゃんが下痢をした場合でも、他に気になる症状がなく元気であれば少し様子を見ることも一つの対処方法ですが、次のような症状がある場合には速やかに病院に連れて行きましょう。

 

●3日以上下痢が続く
●嘔吐する
●血便がある
●便の中に回虫がいる
●お腹が張っている
●おならが多い
●おしっこの量が減っている
●食欲がない
●大量のヨダレが出ている
●呼吸が荒い
●元気がない
●けいれんを起こす

 

繰り返しになりますが、ワンちゃんが下痢をした場合「1回だけで治った」「下痢をした後も元気で食欲がある」などの状態であれば、自宅で様子を見ても良いでしょう。

 

 

ただ、体力のない子犬や小型犬の場合は、急激に体調が悪化するケースもあります。ワンちゃんの様子には十分に注意を払い、いつもと違うと感じたらすぐに病院へ連れて行きましょう。また、ワンちゃんが嘔吐をした場合には絶食・絶飲で様子を見ますが、下痢の場合には脱水症状にならなにように、水分補給は行ってください。